二十世紀の最後の夜に

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (5)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (101ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062095105

作品紹介・あらすじ

いつも友だちと語り合ってた。あと3秒で訪れる未来について。ポケットに入れて歩いた金属の部品について。夢の数だけちがう自分がいたあの頃。まばゆい光、銀色の天幕。なつかしいのに、新しい、自伝的極彩色物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1000.初、並、カバスレ、帯なし
    2010.1/26.白子BF.

  • ダイエット本ばかりが有名になった著者ですが、これはホントに名作。みんなが知らないのがもったいない。

  • ひとりぼっちで宇宙を行くロケットの銀の煌めきに魅せられた少年。
    いつかその時を待ちわびるけれど、
    世界もやがて銀色のロケットのことなんか忘れたようで・・・。
    ラストシーンでは帯の文句の通り涙で前が見えなくなりました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

社会評論家

「2018年 『ユーチューバーが消滅する未来』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田斗司夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡田 斗司夫
岡田 斗司夫
唐沢 俊一
岡田 斗司夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×