ヴァイブレータ

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (2)
  • (9)
  • (19)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062095402

作品紹介・あらすじ

さわりたい…あたしは溶けだすように泣いた。この本を見て、何か少しでも感じるなら、読んでみてください。あなたがいくつであっても男でも女でも、きっとあなたのことが書いてあるから。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉の渦。主人公の"声"がうるさくてイライラしながら読んだ。
    オカモトの描写になると"声"が止むのでほっとした。

    これじゃまるで主人公そのものだ。

  • 寺島しのぶの映画の原作、のはずですが、つまんなかった。ついていけない世界。読んでるこっちが気が狂いそうになる。響いてこない。

  • 以前映画はみた。主人公に対するイメージがまた違って感じられて面白かった。(読了'07/05)

  • 過激な内容で映画が話題になった原作。
    ですが私には理解出来ない世界でした。
    というか、内容がほとんど分からない。
    う〜ん、どうしたものか?と思いながら読んでいました。
    心が病んでいる女性がある男性と知り合って自分の事を見つけていくという感じでしょうか。。。

  • いくつも重なる声にイライラしたりするけど 気がついたら夢中で読んでた
    はっと確信したときの、目の前が晴れわたった感覚

  • 少しエロスがありますが、作者なりの追求だと思います。

  • 初めて自分で買ったまともな小説。
    中学生の後半くらいに。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

人間の知覚の限界に迫る『ミューズ』で野間新人賞、『東京プリズン』では、少女の目で「戦後」を問い、毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞受賞。小説の他に、『愛と暴力の戦後とその後』『モテたい理由』など評論も話題。

「2019年 『箱の中の天皇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヴァイブレータのその他の作品

赤坂真理の作品

ツイートする