使徒的人間―カール・バルト

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062095624

作品紹介・あらすじ

宇宙の広がりの中に置かれた人類の目標を予見する言葉。-気鋭の文芸評論家、渾身の快著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 弁証法神学で一世を風靡したバルト。シュライエルマッハーの敬虔主義が逆に自由主義神学を生み、バルトはキリスト教社会への革命、挑戦を通して新正統主義を打ち建てるパラドックス。裏切り者とされるユダの復権、自殺に対する新しい考え(生きる自由!)そして、天地創造に関するバルトの主張-神の宣言として書かれた非史実ではあるが、神話ではない出来事-また過去の自分で事実として見届けなかったことが、どうして真実と考えることが出来、そしてどうして今日の人間に関わりがあるのか、キリスト教信仰の真髄にも繋がる、よく考えて読まなければ非常に危険な本でした。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062095629
    ── 富岡 幸一郎《使徒的人間 ~ カール・バルト 199905‥ 講談社》
     

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

とみおか・こういちろう
一九五七年東京都生まれ。文芸評論家、関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。中央大学文学部仏文科卒業。一九七九年、「意識の暗室 埴谷雄高と三島由紀夫」で第二二回群像新人文学賞評論優秀作受賞。西部邁の個人誌「発言者」と後継誌「表現者」に参加し、「表現者」編集長を務める。『内村鑑三 偉大なる罪人の生涯』『使徒的人間 カール・バルト』『天皇論 江藤淳と三島由紀夫』『古井由吉論 文学の衝撃力』ほか著書多数。

「2021年 『危機の日本史 近代日本150年を読み解く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富岡幸一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×