御書物同心日記

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (2)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062096423

作品紹介・あらすじ

丈太郎は三男坊の厄介者だが、本の知識はひけをとらぬ。見込まれて、御書物方同心の跡継ぎとなった。新米同心が出あう事件を、江戸情緒豊かに綴る連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 江戸時代のサラリーマン侍の日常を細やかに、優しい目線で描いていて、気持ちよくよめた。丈太郎、養父の人柄がほっこりとさせてくれる。それぞれの短編のストーリーも、はらはらどきどきはないが、ちょうどいい具合に興味をそそられ、落ち着いた展開だし、終わり方もスマートですっきりしていて、優れた小説になっている。面白かった。出久根さんの小説、また読みたい。

  • 江戸情緒豊かに新米御書物同心の日常を綴る連作短編集。丈太郎は武家の三男坊ながら本が大好きで、古書店巡りが趣味で本の知識が豊富、馴染みとなった大店の主人の伝手で、跡継ぎの居ない御書物文庫に勤める同心東雲家の養子となり早々に養父の勤めを継ぎ、天下の稀本・珍本を集めた江戸城内将軍家の紅葉山御文庫に勤めることになる。個性豊かな先輩同心がそろう御文庫に、同じく新米同心として角一郎がやって来て同室になるが…。本の修繕・虫干しなどの職場のゴタゴタ、丈太郎のお見合い・個性豊かな妹等、本が好きなら面白く読める。

    2巻・『秘画 御書物同心日記』講談社 2001 「続・御書物同心日記」文庫。3巻・『虫姫 御書物同心日記』講談社 2002 のち文庫、とある。

  • 江戸時代の司書のような仕事をしている主人公の日常で起こるちょっとしたことを書いた本。主人公の名前が東雲丈太郎(しののめじょうたろう)。しののめというのは明け方の空の色の名前らしい。作者の言葉に対するセンスのよさが感じられた。

  • <PRE>資料番号:141008284
    請求記号:K/913.6/デ
    形態:図書
    内容:丈太郎は三男坊の厄介者だが、本の知識は誰
    にもひけをとらない。そこを見込まれて、御書物同
    心の跡継ぎとなった。新米同心が出会う事件を、江
    戸情緒豊かに綴る連作集。(TRC MARCより)</PRE>

  • こういう役職があったんだなぁって驚きました。なんか、ほのぼのとした江戸の雰囲気と話の進み方が好きですv

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら執筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短編集 半分コ』で、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。著書は他に、『古本綺譚』『作家の値段』『七つの顔の漱石』『おんな飛脚人』『謎の女 幽蘭』『人生案内』『本があって猫がいる』など多数。養徳社刊の月刊誌『陽気』に「まほらま」と題して、奈良奉行・川路聖謨が主人公の小説を連載。前半の『桜奉行 幕末奈良を再生した男・川路聖謨』(2016年11月)を養徳社から発刊。

「2021年 『花のなごり -奈良奉行・川路聖謨-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出久根達郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×