壁を破って進め〈上〉私記ロッキード事件

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062097192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  新聞の書評で面白そうだなと感じ,上巻だけ購入し読み始めました。イヤイヤこれが大変,ぐいぐい引き込まれてしまします。直ぐに下巻も購入し一気に読んでしまいました。

     内容は全くタイトル通りで,降って湧いたロッキード事件で堀田さんが直接担当された部分の記録です。事件当時私は報道されるニュースから,日本側の対応の生ぬるさを感じていました。しかしその裏では時効の成立を目前に控え,日米の法制度の違いを一つ一つ乗り越えて行くこのような努力がなされていたのだ と読んで始めて体系的に知りました。

     巻末に資料として事件当時の「主な検察及び法務省に陣容」が載せてあります。この資料の作りは私には少々気になりました。

     関係者の顔写真
     当時の役職
     氏名
     任官年度(期)
     最終の役職
     現在の職業・職場

    と出ているのですが。気になるは,先ず,氏名の前に役職があることですね。また任官年度があることも気になります。どうもこの2点は私の気持ちの中ではおさまりが悪いのです。些細なことですが。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

公益財団法人さわやか福祉財団会長・弁護士ほか。
京都大学法学部卒、1961年検事任官、1976 年東京地検特捜部検事としてロッキード事件を担当、1991年法務大臣官房長を退官。さわやか法律事務所及びさわやか福祉推進センター(2010 年に公益財団法人化)開設。「高齢社会NGO連携協議会」共同代表、厚生労働省の高齢者介護研究会座長等歴任。著書に、『初めて部下を持つあなたへ』、『「共助」の力』など。

「2021年 『自分たちでつくろうNPO法人! 第3次改訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀田力の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×