吃逆

著者 : 森福都
  • 講談社 (1999年8月発売)
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062097581

吃逆の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森福都さんの著作を読むのは「十八面の骰子」以来、二冊目ですが、こちらも中国(宋代)を舞台にしたミステリ風味の短編集。読みやすいです。登場人物も魅力的で、陸兄のような情に流されやすい常識人と、周季和のような如才無いけど可愛いところもある美形のコンビ。美味しすぎます。むふふ。

    つくづく思うのだけれども、私は男の友情……というか、彼らの間に存在する愛にも似た光(って?)に弱い。ぶっちゃけ、恋愛感情に発展したもの(ボーイズラブとか)はあからさますぎて苦手だったりするのですが、ブラインド越しにお互いを伺いあってるみたいな感じはとっても好き。相手に一目置いていたり、慕っていたり、でもちょっとバカにしてたり、嫉妬してたり。深読みできる微妙な関係が私の乙女心をくすぐるのです。わはー。って何の話だ?

    お話としては、しゃっくり探偵大活躍の「綵楼歓門」がお気に入りです。大学の東洋史演習で、科挙関連の史料を延々と読まされたことまで思い出したりしましたが……。何にしろ、試験に合格するのは大変だし、合格してからもやっぱり大変なのです。はあ。

全1件中 1 - 1件を表示

吃逆のその他の作品

吃逆 (講談社文庫) 文庫 吃逆 (講談社文庫) 森福都

森福都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする