女50歳からのわたし探しのロンドン留学

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062097901

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 翻訳家の筆者が、離婚して子供も独立したので、自分の本当にやりたいことを探しにロンドンへ留学。ホームステイや、若い人たちに混じっての学生生活、リアルで大人な留学記。

    羨ましい!50歳でこうやって自分のためだけにお金と時間を使えるなんて。素晴らしいと思いました。留学、いいな。でもやはり思っているより厳しいものなんですね。若いころならともかく、いろいろこだわりもでてくるし。自分のために生きる時間も大切ですね。まずは健康でなくては!

  • 人生の再出発に遅いということはない!
     "Better late than never"(遅くてもしないよりはまし)

     この本では、その言葉のままに生きている著者の51才から53才までの
     イギリス留学時代のことが記されている。
     
     正直な所、題名だけをみて図書館で借りてきたのだが、
     内容はわたしが勝手に思っていたものとは少し違った。
     どちらかというと、いわゆる一般的な留学体験記的なモノを期待していたのだが
     実際は、彼女の日記メモ的なモノで、恋愛や人間関係などがせきららに
     書かれている。
     「彼はわたしに恋心を抱かなかったわけではないだろう。」など、
     なぜそこまで言い切れるの!?どこにそこまでの自信が!?
     もしそうであっても、なかなか、ここまで本で自分の事を暴露できないよなぁ・・・
     とか思いながら読みすすめていた。

     50才をすぎて留学を思いきれたのは本当にすごいと思う。
     まだ20才代のワタシが踏み切れないのに。
     その精神はホントに見習いたい。
     少し頑張ろうという気にさせてくれた。
     まだまだワタシの人生遅くない!!

全2件中 1 - 2件を表示

橘雅子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×