「きもの」と文様―日本の形と色

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062098281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長崎先生は、もともと国立博物館の学芸員として染織品を扱っておられ、その後、服飾史や染織史を専門する大学教授の職に就かれた方。

    さすがに知識が幅広く、そして奥深く、読み応えがありました。

    続きはこちら⇒http://wanowa.jugem.jp/?eid=409#sequel

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長崎巌(ながさき・いわお)
共立女子大学家政学部教授/同大学博物館館長。専門は日本染織・服飾史。世界の美術館が所蔵する日本染織品の調査・研究をライフワークとしている。東京藝術大学大学院美術研究科博士課程芸術学専攻単位取得修了。東京国立博物館学芸部工芸課染織室長を経て、2002年より現職。2005年、きもの文化賞受賞。『きものの裂とことば案内』(小学館、2010年)、『Kimono Beauty』(東京美術、2013年)をはじめ日本染織に関する著書が多数ある。

「2021年 『日本の婚礼衣裳 寿ぎのきもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長崎巌の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×