淳和院正子

著者 : 三枝和子
  • 講談社 (1999年10月発売)
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 11人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062099110

淳和院正子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桓武天皇の息子である嵯峨天皇の娘で、父親と同年齢の叔父にあたる淳和天皇に嫁いだ正子さんのお話。

    この時代にありがちな複雑な人間関係の説明と、皇位をめぐる陰謀をサラっと説明しているうちに終わっちゃった…って感じでした。

    正子さんや他の皇子さんたちに共感できる部分が少なかったし、正子さんの生涯を描くにしても、仏法普及という軸はあるにしても内容が乏し過ぎた。

    正子さんの母親で嵯峨天皇の皇后だった橘嘉智子さんがめっちゃイヤなヤツだったってイメージだけは残りそうだけどね。

全1件中 1 - 1件を表示

三枝和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

淳和院正子はこんな本です

淳和院正子を本棚に登録しているひと

ツイートする