勝負の分かれ目―メディアの生き残りに賭けた男たちの物語

著者 : 下山進
  • 講談社 (1999年11月発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062099622

勝負の分かれ目―メディアの生き残りに賭けた男たちの物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「最大の差は「ブルームバーグ」は顧客が望む情報を流すのに対し、『ジャーナル』の取材では、読者がどう考えるべきか、それを示唆する記事を流すのだった。例えば、バンダイとセガの合併が流れた時、「ブルームバーグ」はすぐさま、その事実をターミナルに流し、それが株価に与える影響を、情報を入手次第流していく。『ジャーナル』の場合は、合併の破綻が何を意味しているのかを読者に提示した。

全3件中 1 - 3件を表示

下山進の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

勝負の分かれ目―メディアの生き残りに賭けた男たちの物語はこんな本です

ツイートする