アメリカの大嘘

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062099967

作品紹介・あらすじ

アメリカはそんなに強くない。日本はおびえすぎだ!!世界覇権国アメリカを等身大に解剖する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2002年10月16日:読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

副島隆彦(そえじま たかひこ)
評論家。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。1953年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。主著に『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社+α文庫)、『決定版 属国・日本論』(PHP研究所)、近著に『プーチンを罠に嵌め、策略に陥れた英米ディープステイトはウクライナ戦争を第3次世界大戦にする』(秀和システム)、『有事の金。そして世界は大恐慌へ』(徳間書店)、『ディープ・ステイトとの血みどろの戦いを勝ち抜く中国』(ビジネス社)他多数。

「2022年 『カバールの捏造情報拡散機関フェイク・ニューズメディアの真っ赤な噓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

副島隆彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×