美人画報

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (74)
  • (65)
  • (328)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 738
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062100014

作品紹介・あらすじ

トドのつまり美人はいい!でもただキレイなだけじゃあ美人じゃない!!はず…。『ハッピー・マニア』の著者安野モヨコがファッション、メイクにダイエット…etc.自分ツッコミまくりでお届け。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏目前!緊急美容気力UP作戦の再読☆

    あ~、やっぱり再読してよかった♡
    おもろしく読みつつ、美容がんばらねば!!と
    こんまりさんの本を読んで掃除熱が上がるかの如く。

    美しい景色を見ることや、食事も
    食器やセッティング、いろんなバランスを
    考えて、目でも味でも楽しんで
    その結果ゆとりと美しさに繋がれば最高。

    生活もすべてに厳しすぎずゆるみすぎずで
    まずは姿勢から。どれも続けられそうで
    気づくと、だれ~っとしがちというか、
    完全に忘れさってしまう…。

    グランドキャニオンで瞑想して、夜は星空の下を散歩。
    いいなぁ~、素敵だなぁ~♡
    って、まずは姿勢をきっちり正すことから!
    よし、一か月後にはきっと…きっと…?
    いや、ほんとがんばろう!

  • 安野さんは知ってたけど実はまともに漫画も読んだことなかったので初でした!作者の美に対する奮闘記がいろいろ書かれてて、勉強になるなあと思いながら応援しつつ、わたしもがんばらねばと己を奮い立たせていました!続きもあるようなので読みたいな!

  • おしゃれの参考になる感じで何回読んでも面白い(b゚v`*)

  • 懐かしくてつい再読。もう10年以上たつのか。

  • 著者の美容法についてのみならず、西暦2000年ぐらいの空気感が伝わってきて面白かった。

  • もう何年も前の本なのだけど、美に対する意識は見習うべきものがある。

  • 美は1日にしてならず。

  • 思ったよりおもろかったー。
    VOCEの連載も読んだことあるし。
    美人って姿形だけではないよね。
    意識とか、違う気がする。うん。

  • ちょっと情報も今読むには古いし、なんだかまったく参考にも何にもならない。
    もっと美意識高い本なのかと思っていたらそんなこともなく。

  • エンジェラーとかヴィヴィアンとか、そんな時代もあったなーと懐かしくなった。著者の美意識は見習いたい。

全89件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九七一年三月二六日、東京都生まれ。漫画家。『シュガシュガルーン』で第二九回講談社漫画賞を受賞。著作に『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『鼻下長紳士回顧録』『オチビサン』、エッセイ集「美人画報」シリーズ、『くいいじ』などがある。

「2018年 『黒い炎 黒い炎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美人画報のその他の作品

美人画報 (講談社文庫) 文庫 美人画報 (講談社文庫) 安野モヨコ

安野モヨコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
江國 香織
吉本 ばなな
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする