美人画報

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (74)
  • (65)
  • (328)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 746
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062100014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安野さんは知ってたけど実はまともに漫画も読んだことなかったので初でした!作者の美に対する奮闘記がいろいろ書かれてて、勉強になるなあと思いながら応援しつつ、わたしもがんばらねばと己を奮い立たせていました!続きもあるようなので読みたいな!

  • もう何年も前の本なのだけど、美に対する意識は見習うべきものがある。

  • エンジェラーとかヴィヴィアンとか、そんな時代もあったなーと懐かしくなった。著者の美意識は見習いたい。

  • 女子を楽しまなきゃと思った本。
    力抜いた状態で読める。

  • ハイパーのほうが面白かったなぁ。

    なんか時代に合わないネタが結構あったので、
    評価低め。
    本当ハイパーのときの変身ぶりを知ってると、
    写真すごいわぁ~。

  • 文庫でだったらそろえてもいいかなぁ。

  • 図書館で借りた本
    10年くらい前の本。

  • 2009.7 読了

  • このシリーズ登録してなかったか〜。
    安野モヨコは反感買うような可愛い子ぶりかたしなくて、自分の欠点曝け出しながらあがいてるところがいいよなー。そんで実際べっぴんさんになってくしなー。

    1冊目の本書は美容・ファッション全般に対して安野嬢が思ってることがつらつら。
    ファッションは流行の移り変わりが激しいから、今読むと「あー、こんなんあったなー」ってちょっと懐かしい。


  • 「働きマン」「ハッピーマニア」の作者の「美」
    を追求する?エッセイ。
    あんまり効果は見られなかったようだけれど、
    なんか「美」とオサレのことだけ考えて暮らして
    いられたらどんなに幸せだろうか…とふと思う。

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美人画報のその他の作品

美人画報 (講談社文庫) 文庫 美人画報 (講談社文庫) 安野モヨコ

安野モヨコの作品

ツイートする