地の掟 月のまなざし

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (58)
  • (51)
  • (73)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 372
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062100342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 挿絵が美しい。
    こういう写実的でいて幻想的な絵は子供よりも大人の方が好きかもしれないなぁと思う。

    今巻から完全にワカヒコとポイシュマに主人公が移り、物語もどんどん動き出した。
    アテルイのムラにつれられたポイシュマ。自分が災いになるとムラを一旦出るも、クマをしとめたことで受け入れられることになる。
    他方、傷を負いながらクニに戻ったワカヒコは、従者らがシクイルケをマモノとして、ヒメカに虚偽の報告をするのを聞いて止めて入り、逆に魔物が憑いたとして捕らえられることに。
    ワカヒコは腹に一物もつホムタと義兄弟の契りを交わし、機会をうかがうが、ホムタがヒメカの秘密を知ることになり、2人とも命を狙われるようになる。
    同じくヒメカの秘密を神がかりによって暴くこととなった巫女のユツと3人、火あぶりになるところ、シクイルケの助けにより逃れ、従者のヤタカも加えた4人でポイシュマのいるムラへと行くことになる。

    若者が成長する姿はいつの時代も(?)まぶしいなぁ。
    前作では助けられているばかりだった、ムラからみれば「異人」のワカヒコも、クニの王としての器を感じさせてくれた。
    誰が「災い」を運んできたのかって、そりゃホムタなんだろうけど、何か憎めない気もするし…。
    最後には再会したポイシュマとワカヒコ。
    これからどういう風に友情を築いていくのかなと思う。
    ムラとクニの衝突は避けられないだろう、最終的な結末(縄文vs弥生)がわかるだけに、どういう結末となるのか一抹の不安も覚えつつ。

  • 前巻は始まりに過ぎなかった!
    今まで知っていた狭い価値観から新しい世界を知り、進め、少年たちよ。…ていうか、ヒメカよぉ。。。

  • シリーズ第二弾。
    明らかになるヒメカの秘密。追われる形でクニを出たワカヒコたちは、故郷に戻れるのか?

  • 俄然面白くなってきた!
    どうやらシリーズと言うより、一つの長大編と受け取るべき作品のようだ。
    5冊を順番に読み進めていこうと思う。

    ムラの暮らしの描写が興味深い。
    ポイシュマの緩やかな成長が微笑ましい。
    一方のクニ側ではヒメカの秘密とワカヒコとオシワの関係構築、そして逃亡。そうこなくっちゃね。
    複雑な背景と感情、賢さを備えたオシワの存在が気になる。

    ここから二人の運命がどう転がっていくのか。先が楽しみだ。

  • 相変わらず挿絵が美しいです。
    ワカヒコとポイシュマがそれぞれ別々にクニとムラに帰り、再び会うまで。
    お互いが自分の世界を味わって再会する、という感じかな?
    一巻でとりあえずわーっと事が起こって、なになに?どうなってるの?という感じで進んでいて、ここで背景などがわかる、と。
    それでも、ヒメカがあんまりにもあんまりでびっくりしたわ。
    あと、マユハとか存在を忘れていた。

    ムラ会議でポイシュマがムラにいることをよしとしない考えがあり、ポイシュマはムラを出て行こうとするが、クマに襲われ、倒し、そのことで、ムラに迎えられる。
    ワカヒコはヒメカに濡れ衣を着せられ牢に幽閉され、秘密を知ったホムタと託宣を受けたユツとともに火あぶりにされるところだったが、月の船に助けられ、ヤタカを加えポイシュマの暮らすムラへ向かう。
    アテイルは
    一人は知恵を、一人は言葉を、一人は運命を、そして残りの一人は災厄を携えてやってくる客
    を迎え入れることにし、ポイシュマとワカヒコは再会を喜ぶ

  • こども向きで、よい本ですね。
    冒険部分だけじゃなくて日常も描かれていてほのぼのしました。
    シクイルケが聖人君子すぎてちょっと物足りないかな。

  • ワカヒコの回。疎まれる理由とか、ヒミカの罪とか。ヒミカまったくだめじゃんね
    ヒミカの葛藤が見たいなあ。
    ワカヒコの受け入れられ方も興味深い。民族同士の争いの火種をなんとか消そうとする。現在もし続けるべき努力だなあ。

  • 1巻も良かったけれど、2巻はアテルイのムラで暮らす事になったポイシュマの日々の暮らしと、ヒメカの国に帰還したワカヒコが陰謀に晒され、話が動き出して益々面白くなってきました。“クニ”の方のホムタとその母の考えは現実的でシビア、冷たいようだけれど、現代の価値観と通じていて一概に批判できないです。ポイシュマとワカヒコが再会し、また農耕だけでなく経済活動の概念も出始め、今後どのようにクニとムラは向き合っていくのでしょうか。

  • 前作、「月神の統べる森で」の Review で書いたいくつかの否定的なポイントに関して、まだまだ十分とは言えないけれど少しずつ解き明かされてきている感があって、KiKi には楽しい読書となりました。  縄文側のポイシュマと弥生側のワカヒコがそれぞれの世界に帰ってからの生活の描写が描かれるのと同時に、前作では一方的な悪役扱い(?)だった弥生側の事情も少しずつ明らかになってきたのが何よりも嬉しい1冊でした。

    月と蛇が出てくるあたりは日本古代史を舞台にしたファンタジーでありながらも、ファンタジーのお膝元のケルトっぽさも感じさせ、人間っていうのは所が変わっても案外同じような感性を持って暮らしていたんだなぁと何だか嬉しくなってしまいます。  第2巻にして、この段階ではまだまだ物語も動き始めたばかりだったんですねぇ。  運命的な再会を果たしたポイシュマとワカヒコのこれからに期待が持てそうな終わり方がなかなか素敵です。

    (全文はブログにて)

全34件中 1 - 10件を表示

たつみや章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
たつみや 章
梨木 香歩
上橋 菜穂子
たつみや 章
荻原 規子
上橋 菜穂子
たつみや 章
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×