GO

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (361)
  • (316)
  • (493)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 2296
感想 : 285
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062100540

作品紹介・あらすじ

僕はアッケなく恋に落ちた。彼女はムチャクチャ可愛らしい日本人だった。Non‐Stop、既視感Zero、新時代の扉をケリとばす革命的"在日"ポップ・ノベルの大傑作。サビついた神話は過去のもの。瑞々しいエッジで「いま」を切り開く新鋭、爽快にデビュー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んでよかった。
    今年のベストに入る。
    とてもとても良い小説でした。

    読み終わった時、「在日コリアンを描いていることを“抜きにしても”/”関係なく“素晴らしい青春小説」、という時折色々な作品の感想で見る定型句が自動的に頭に浮かんで、それが自分の素の感想だとは思わないし思いたくないのだけど、とにかく浮かんでしまったことにもう自分の頭を殴りたかった。
    そういうところだよって。
    まさにマジョリティの傲慢。
    杉原が叩きのめしたかったのはそういうものじゃないかって。
    本当に素晴らしかったのだけど、読んでいてとても苦しかったのは、この作品が書かれてから随分と経っているのに、まるで変わっていない、どころか悪化していることを知っているから。
    「いつか、俺が国境線を消してやるよ」
    というセリフは見事だったのだけど、そうなっていない。ごめんね杉原、ごめん。
    「ジニのパズル」(崔実)を読んでいるので余計にね…。
    昔はこんなだったんだね、と思えないことがとても悲しい。

    それとまた別の意味で、古びなさに驚いた。
    文章最高!
    全然古くさくない。
    読んでいてとっても気持ちが良かった。
    比喩の選び方もみんな素敵。
    大好き。
    あと、作者が作品を見る視野がすごく広いなと思いました。
    他の作品も読みます。

    登場人物がみんな良かったなぁ…。
    生き生きと躍動してた。
    正一大好きで、だから読み終わっても、彼のことをまだ消化できない。
    でも消化できないままでいたいと思います。
    安易に消化してはいけないのだと思います。

  • 「自分はナニモノなのか…」読んでて考えさせられました。別に日本人じゃなくてもいーじゃん!そうだ!アメリカ人になろう!ってゆー生き方…
    憧れます。
    井の中の蛙じゃだめだ!もっと広いところに目を向けて生きて行こうじゃないか!

  • おやじが子供の頃の主人公に聞かせるボクシングの話が好きだ。

  • 在日朝鮮人、在日韓国人の心情がわかりやすくテンポよく描かれている。人種や国籍が違うと元々のルーツは一緒なのに不当な差別を受けることの理不尽さ。男子高校生が現実に悩み苦しみ立ち向かっていく。硬派でかっこよくエンタメ要素もあるので、スタイリッシュに読めてオススメしやすい。

  • いい小説を読んだという読後感。一気に読めました。


    杉原の伝記だと感じました。「在日」に私は馴染みがなく、身近にいない(知らないだけかも)ので新たな知識となりました。在日に馴染みがなくても日本という場所で同じように扱われてこなかったということだけは知っていました。

    主人公はすぐ手が出ちゃう人ですが、暴力とかケンカとかの話が苦手な私も読める程度、むしろ清々しいほど主人公強いのであまりそこは気になりませんでした。

    直木賞をとったとのことで初めて金城さんの小説を読みました。直木賞に選ばれるってこういう作品なんだって直木賞とった他のも読んでみようと思ったのと、金城さんの他のも読んでみたいです。

    人にオススメしていきたい本だと思います。特に桜井にこの本読んでほしいって思います。

  • スカッとする青春小説が読みたくなって本棚から久しぶりに引っ張り出した。青春小説であり在日小説でもある。でも暗くはない軽くもないけど重くもない。国籍を朝鮮から韓国へ変え、朝鮮学校から日本の高校に進学した杉原の、これは青春小説である。在日韓国朝鮮民族(ここで二つに分けるのもどうかと)や朝鮮学校について知らないならおすすめ。

  • 2021.19

    これは良書。
    難しいテーマを親しみやすく扱ってるので非常に読みやすかった。
    国籍、差別、偏見など色々なことを考えるきっかけになる本。
    是非子供にも読ませたい。

  • さらっと読める青春小説だが、内容は深い。軽快な筆致が余計に心にこたえる。この国で生まれ育った子どもたち(と親)が、国籍が違うというだけで国からも社会からも差別を受ける日常がさらりと書かれている。それから在日朝鮮/韓国コミュニティ内での同調圧力も(日本の高校を受験するのを歓迎しない民族学校とか)。こちらのほうはあまり知らなかったので興味深かった。自分がもし日本社会と朝鮮韓国コミュニティ双方から互いを意識した圧力や差別意識にさらされる毎日を送らなくてはならなかったらと、考えただけでしんどくなる。

    李くんが本名で嫌な思いをすることなく暮らせる国に変えていきたい。

    最後にタイトルの意味なんだけど、これはやはり英語で「行く」を意味するGoなのかな?碁ではないですよね…

  • 自分の中でもトップクラスに好きな物語。
    映画も見たことがあるけれど、本で読むと映像とリンクしながら読めて、感情移入しやすかった。

    主人公の生き様がめちゃくちゃかっこいい。
    生まれた環境の複雑さ、理不尽な出来事が日常茶飯事の生活、信じられないような絶望、自分という存在に向き合いながら、何事にも屈せず、自らの信念を突き通す力。こんな強く、それでいてまっすぐな姿は憧れる。
    性格は遺伝子の部分も大きいかもしれないが、やっぱり環境が一番影響を与えていると思う。自分はどれだけ甘い環境でこれまで生活してきたのか、なんだか自分自身がちっぽけで惨めに感じてくる。
    生まれとか名前とか過去とかそういったものにとらわれないで、目の前のその人間に向き合えるようにならないと。

    「名前ってなに?
    バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても
    美しい香りはそのまま。」

    この主人公は誰よりもかっこいい。

  • こんな痛快な小説を読んだのは久しぶりだった。シリアスなテーマナはずなのに,軽妙なテンポで話が進んでいく。コリアン・ジャパニーズの味わってきた差別を笑いに換えてしまう強さと筆力にどんどん惹きこまれた。
    苗字しかしらない「桜井」との恋愛は,在日の告白を避けて通ることができず・・・暗礁にのりあげるかに見える。
    「俺は俺であることからも解放されたいんだ。俺は俺であることを忘れさせてくれるものを探して,どこにでも行ってやるぞ。」
    このことばにおしつぶされそうになっている時,いきなり光明が見えてくる。後味の良さに思わずHPを更新したくなった。

全285件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年埼玉生まれ。慶應義塾大学法学部卒。1988年「レヴォリューションNo.3」で第66回小説現代」新人賞を受賞。2000年『GO』で第123回直木賞を受賞。

「2020年 『映画篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金城一紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×