乙武レポート

著者 :
  • 講談社
3.27
  • (6)
  • (8)
  • (27)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062101370

作品紹介・あらすじ

あなたに伝えたい。「すばらしい時間と出会いをありがとう」。大学生活最後の1年ニュースキャスターに挑戦した熱き日々。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビの人のイメージがよくなる本でした。
    乙武さん、文章も若い(^.^)

  • この本の特徴は、物理的には、小学生でも読めるように、漢字に振り仮名を打ってくれています。たぶん、乙武氏の意見でしょうが、私は、本を読むときに漢字に苦労しているので、読むスピードが格段にましました。
     さて、本の内容ですが、乙武が早稲田大学の4年生の時に、『五体不満足』という本を出版して、ベストセラーになり、報道等から取材を受けているうちに、TBSの目に留まり、乙武を取材する側で仕事をしてもらったら、乙武しかできない彼独自の視点から取材ができるのではないか?という命題が浮かび、TBSの編集長が乙武に打診したところ、乙武も挑戦してみるということになり、TBSの『ニュースの森』1999年のサブキャスターとして、世界中を取材する奮闘日記です。

    毎日見ているテレビ局のことがよくわかり、1分間、アナウンサーがしゃべるのに、1時間の取材が必要なこと。
    大勢の力で、一つのニュースができていること。取材する側の苦労。取材するには、相手の心をひきださないといけないから、取材する側もされる側も傷つくこと。
     一人の人物を取材した場合、民法は、半年後。1年後にその人物がどのように変化したかを伝えるが、NHKは、伝えることがめったにないこと。

    乙武は、障害者だから、障害者を取材しやすいだろうという安直な考えで、サブキャスターを承諾したくはなかったが、結果的に、バリアフリーという主題ばかりが、取材の対象になり、本人がやりたかったことと、仕事上の要求に差異が生じ、1年間でキャスタを降板することに。
     理想と現実のはざまが描かれた名本だと存じます。

  • 今更だけど、読んでみた。

    早稲田大学在学中に
    ニュースキャスターとして、活躍。
    その抜擢の経緯と、ニュースの裏側が
    書かれていて、面白かった。

  • 2013-10月13日
    古い本だけど、早稲田大学在学中のニュースの森キャスターを務めた体験記。我が子と同世代の話、と思うと受け止め方も違ってくる。
    好奇心、行動力、自分の意志がある!強い自分を持ちながらも人の気持ちを読み込むことに長けている。まわりのことへの冷静な判断ができるバランスの良さがすごい!!

  • (2002.02.12読了)(2001.11.02購入)
    (「MARC」データベースより)amazon
    「すばらしい時間と出会いをありがとう」 電動車椅子の青年乙武洋匡が大学生活最後の一年間ニュースキャスターとして挑戦した日々を振り返る。誰にでも読むことが出来るように、漢字への振りがな付き。

    ☆関連図書(既読)
    「五体不満足」乙武洋匡著、講談社、1998.10.20

  • 乙武洋匡という人の煩悩に出会える一冊。

    乙武さんと言えば「五体不満足」
    乙武さんと言えば「いつも笑顔」
    乙武さんと言えば「人間のできた人」

    全部合ってるけど、なんかちがう。
    きっとこの人には、なにかあるはずだ。
    そんな期待に応えてくれる本作は、ひとことで言えば

    "「障害者」でひとくくりにしないでくれ。"

    このメッセージに尽きると思う。
    見た目はどうであろうと、人を好きになるし、怒るし、涙する。
    それはまさしくその人が、人間であることの証明。でも忘れがちな証明。

    自分は何人かの障害を持った人と接したことがあり、
    ある人にはよろこばれたことが、ある人には激怒される。そんな経験をしていたので
    この本は、「記号ではない障害を持った"人"」という事実を改めて考え直す
    とてもいい手助けになってくれました。

  • 乙武さんの学生キャスターとしての経験をぎゅっと圧縮して綴っているもの。とにかく文章が上手いのであっという間に読めてしまう。業界の人との関わりやインタビュアーとしての心情変化(成長)が伝わってくる。個人的にはもっと長くてもいい。

  • 私はいい人でも、すばらしい人でもなく、弱さも、ズルさも持った普通の若者だ。

  • いろいろ考えさせられる。少し共感した。私も頑張ろうと思った。

  • 【No.69】読了。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

おとたけ・ひろただ
1976年、東京都生まれ。早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』(講談社)が多くの人々の共感を呼ぶ。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、東京都新宿区教育委員会非常勤職員、杉並区立杉並第四小学校教諭、東京都教育委員などを歴任する。また、教員時代の経験をもとに描いた初の小説『だいじょうぶ3組』(講談社)が映画化され、自身も出演した(2013年3月、東宝系で公開)。
おもな著書に、『65』(幻冬舎文庫、日野原重明氏との共著)、『だから、僕は学校へ行く!』(講談社文庫)、『オトことば。』(文藝春秋)、『だからこそできること』(主婦の友社、武田双雲氏との共著)、『自分を愛する力』(講談社現代新書)など。子ども向けの作品には、『オトタケ先生の3つの授業(講談社)などの児童書や、『かっくん どうしてボクだけしかくいの?』、『ちいさなさかなピピ』(ともに講談社)などの翻訳絵本がある。

乙武洋匡の作品

ツイートする