アフリカの絵本(下)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062101615

作品紹介・あらすじ

この世にたしかなものなど何もない。あるとすれば人と人が出逢えたことだ。それとて幻想なら、美しい幻想を見て生き抜こうではないか。アフリカの王に立ち向かう男が見たものは…。人はなぜ夢を見るのか。アフリカの大地に見果てぬ夢の絵を描いた男と女の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「アフリカの手」・・一度アフリカの地に足を踏み入れたものはその魅力に嵌りどんな地に行けどもその手によってこの地に戻ってくると・・・主人公黒田十三は雑誌編集者としてアフリカ大陸を訪れ、目の前に繰り広げられる自然、風景、弱肉強食のダイナミズムを目の当たりにし、さらには原住民の画家ムバタの素朴な絵にも魅了される。アフリカに惹かれ自分の夢を追い続けた十三は、日本の友人たちにアフリカの壮大な景観を見てもらおうとホテル建設を決意する。破天荒だけど自分の夢を持ち続ける生き方が人間的魅力となって読者を惹きつける。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1950年、山口県防府市生まれ。 ’72年、立教大学文学部卒業。’81年『皐月』で作家デビュー。’91年『乳房』で吉川英治文学新人賞、’92年『受け月』で直木賞、’94年『機関車先生』で柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で吉川英治文学賞受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手掛けている。2016年に紫綬褒章を受章。

「2022年 『もう一度、歩きだすために 大人の流儀11』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊集院静の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×