日本語必笑講座

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (2)
  • (5)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 32
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062101714

作品紹介・あらすじ

電車の中で読むのはご遠慮ください!ことばの魔術師・清水義範がコレクションした思わず吹き出すヘンテコことばの大見本市開催。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 政治家のことば、ニュース・キャスターのことば、漫才のことば、流行語変遷史などの中から、ことばの魔術師・清水義範がコレクションした、思わず吹き出すヘンテコことばの大見本市開催。
    (2000年)
    — 目次 —
    第1室 ことばの見本市
    第2室 流行語変遷史
    第3室 ヘンナ語みっけ!-犬のフンをしないで下さい
    第4室 ことばがらみ
    第5室 ことばめぐり

  • 面白そうだと思って借りたが、余り面白くなかった。残念。なにしろ“最近の言葉遣い”について多く取り上げられているのだが、出版されたのが2000年。12年前の“最近”は、古いよ。ただ、小学生の子どもを持つ親向けに書かれた、読書感想文の書き方のコツが載っているので、これは保存しておこう。(2012-04-19)

  • 『大学生からの文章表現 : 無難で退屈な日本語から卒業する / 黒田龍之助著』の参考文献になっていたので、読んでみました。

    出版されたのが、2000年の6月なので、内容としては古い部分もありましたが、今(2011年6月)読んでも十分面白かったです。

    ちなみに、図書館内で読んでいたのですが、どうしても笑ってしまうので、途中であきらめて、借りて帰って読みました。

  • 毎日新聞で掲載されていた「しみずよしのり新聞」が
    毎月楽しみでした。
    引越ししてから読めなくなって十年余り。
    ひょんなことで書籍化されたこの本に出合えて感激。

    読書感想文の書き方指南が特におもしろかったー。
    そして読み終えてすぐに広辞苑で「山」や「右」を引いてみた。
    説明するまでもないありきたりの言葉を辞書で調べるこの遊び、
    たまにやってみようっと!

  • 必笑ってことはないけど、でも、なるほどな、とか、そっか、とか、発見や、知識の面で楽しめました。っというか、日本語って、やっぱり難しい。「日本語が乱れてる」という前に、自分は正しい日本語を使っているのか?と問いたい。だいたい、昔使われていたことが、正しいこともなくなっているわけでしょう?だったら、一人ひとりが、気に入った良い日本語を使うようにすればいいと思う。なんて、えらそうに、言えませんが、日々、良い日本語を会得できるように精進です。

  • 読んでいて本当に笑ってしまいました。
    政治家の日本語、とか広告の日本語など、いろいろ面白かったですが、全国の日本語的間違い看板などをあつめた章が秀逸でした。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1947年愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。1981年『昭和御前試合』でデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』が話題となり、独自のパスティーシュ文学を確立する。1988年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。2009年、名古屋文化の神髄紹介とユーモアあふれる作風により第62回中日文化賞受賞。『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『虚構市立不条理中学校』『朦朧戦記』等著書多数。また西原理恵子との共著として『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』『いやでも楽しめる算数』『はじめてわかる国語』などがある。

「2021年 『MONEY 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水義範の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×