首都高はなぜ渋滞するのか!?―愛すべき欠陥ハイウェイ網への提言

著者 :
  • 三推社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062101912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ETC本格導入前の刊行であり、今読むにはさすがに古すぎた。現在の状況に置き換えた内容で読んでみたいところ。むしろ怖いのは、ここで「計画」となっている道路が着々と完成している事。一体どこにそんな資金があるのか、正直疑問に思う。

  • 首都高速の改良について、とにかくマニアックかつ具体的に提案。公団の批判は抑え気味にして、あくまで現実的なところがいい。首都圏在住ドライヴァーにはおすすめ。

  • 昨今の政治の迷走の徒花である「高速料金千円ポッキリ」によって、東京湾アクアラインの通行量は四倍になったらしい。
    かねてより「便利だ便利だとは言うが、四千円も払って誰が乗るか」と酷評されてきた「ムダ道路」の最たるものが、ここへ来てようやく真価を発揮できるようになったのである。

    この状況を十年も前に予言していたのが本書である。
    クルマとドライブをこよなく愛し、我が首都高速を「愛すべき欠陥ハイウェイ網」と呼んではばからない著者による、文句だけに終わらぬ建設的提言に満ちた入魂の一冊。
    地下だの河川敷だの、都心環状線を一方通行にするだの、その提案はかなり大胆に聞こえるが、現実的にはもはやその方法しか取りえない、というものも多い。国交省だの(旧)道路公団だのは、公用車の後部座席にしか縁のない天下り族の前に、つくづくこういうオタク(注・褒めてます)をこそ、採用すべきだったのだ。

  • 日本の首都高はありえない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

クルマ専門誌から一般誌まで執筆を行う、自動車評論家にして大乗フェラーリ教の教祖。近著に「フェラーリの買い方」(竹書房新書)、「月収20万円台でも買えるフェラーリ購入術」(ネコ・パブリッシング)など。

「2018年 『清水草一の超偏愛クルマ語り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水草一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×