DIVE!!(1) 前宙返り3回半抱え型

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (389)
  • (269)
  • (526)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1986
感想 : 299
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062101929

作品紹介・あらすじ

日本ではまだマイナースポーツの水泳競技『飛込み』。学園生活を送りながらダイビングクラブに通い、オリンピックをめざしはじめた少年ダイバーたちをドラマチックに描く!森絵都、初の「スポ根」小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初めてこの作品と出逢ったのは中学3年生の事。
    それから10年以上経っても読み続けてます。
    小学生から大学、社会人になってもバスケを続けているのでモチベーションが低下した時に必ず読んでます。

    中学生ながら作品の中に引き込まれ衝撃の出会いを感じたのを今でも思っています。

  • チクワがかわいかった。
    そして知季も夏陽子も愛しくなる。
    一途に何かに打ち込んでいる人たちはどうしてあんなに輝いているんだろうとオリンピックを見て疑問に思ったりもしたけど、当人たちは人間だからやっぱりあれやこれやと悩んでいるんだなあ。

  • 中学生のマイルドなスポ根。種目が高飛び込みだけにチームメートとのうんちゃらはあんまりないけれど、些細な心の変化が細やかに書かれている。
    森絵都さんらしく相変わらず周りに不器用で誠実な大人がたくさん。
    水に潜りたくなる

  • 飛込みに打ち込む少年たちの話。

    なにかに本気で打ち込もうとしたら、他の人たちが当たり前のように手にしているもの、遊んだり勉強したり好きなものを食べたりデートしたり、そういったものを捨てなくてはならない。なんでこんな思いをして、もうやめてしまえ、と思うことがあってもおかしくない。それでも、やっぱり戻ってくる。

    オリンピックぐらいでしか見たことがないけど、10メートルの高さから水の中へ飛び込む、時間にして1.4秒だそうだ。その一瞬に、他の人には見えない景色が見え、それに魅せられて戻ってくるのだろうか。

    主人公の知季は、迷ったり自信を失ったり、時には投げ出そうとしたりしながら、でも自分にとっての飛込みとはなにかと問いかけながら、前に進んでいく。その姿がまぶしい。青春ってこういうものだなあ。

    クラブ存続の危機など、マイナーなスポーツならではの現実も出てくる。今度テレビで見た時、ちょっと違った目で見られるかも。

  • 自分も飛び込みに憧れてたことがあるから
    これをよんでいろんなものを「犠牲」にできるのか
    考えたけど、そうなってみないと分からなかった。
    でも、相当難しい、辛いとは分かった。

    なんだか作品を読み進めていくと
    知季が高校生にまぎれてるから大人びて
    見えてくるけど、たまに中学生のような幼さを
    ひょこ、と出してくるところで笑みが漏れる。

  • 飛び込みは知らないけど、とにかくおもしろかったです。
    個人競技の孤独感、マイナースポーツの厳しさ、登場人物たちの成長・・・
    じりじりした感じがたまりませんでした。
    そこから最後に向けてテンションが上がっていく展開に、夢中になって読みました。

  • 某書評でマイナースポーツなのに爽やかで面白いとあり、読みたいと思っていた作品。「風に舞い上がる…」とは全く違う良さで子供っぽさは否めないが面白い。トモくんがかわいすぎる。

  • 自分がまったく触れたことのないことを知るって、楽しい。

    「バッテリー」や「一瞬の風になれ」でも同じですが、
    多分一生することはないであろうスポーツを
    まるで体全体で体験したような気分になれるのも、小説の良いところだなぁと思いました。

    このお話はオリンピックという大きな舞台まで発展するのですが、
    そのオリンピックをあまり真剣に見たことがなかったので
    次のオリンピックは飛び込みを絶対見逃さないようにしよう、と決めました。

    さらにその後の物語も書いてほしいです。
    続きを想像するのも十分楽しいのですが...
    やっぱり続刊希望。

  • 林遣都・池松壮亮・溝端淳平が主演の
    爽やかさ抜群の青春映画の原作。

    高さ10メートル。わずか1.8秒。
    その先にある自分にしか見えない世界を目指して
    一瞬の空中演技に少年たちが全てをかける!!

    全巻一気に読みました。
    原作は映画以上に青春!!スポ根!!で
    清々しい感じが残るいい作品でした。

    もともと寺内健選手の
    美しい飛び込みが大好きだったので
    飛び込みがピックアップされて嬉しかった♪

    でも飛び込みのルールって難しいですよね( ; ゚Д゚)

  • スポーツ青春小説の金字塔。

    だと、思っております個人的に!
    ダイビングに青春を賭ける男子中学生3人の物語です。
    すんごい良い! みんなかわいい!
    何が良いってラストが良いです。
    希望と光と清々しさに満ちあふれた、素晴らしいラスト!
    映画版では全カットだったけどねッ!!

    いやあ……エンディング全カットはねえぜ映画版……。

    わたくし的には、バッテリーくらいの勢いでドッカンドッカン売れてもいい作品だと思ってるんですが、そこまでは無理……そう……?
    ああん面白いのになあ!

全299件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生。『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞など受賞多数。06年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞。著書に『カラフル』『みかづき』等。

「2021年 『〈きもち〉はなにをしているの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森絵都の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×