楽天屋

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102148

作品紹介・あらすじ

漂泊の魂が声を放つのだ-ここではないどこかへ!と。30過ぎ、臍の緒つき。無為徒食のクズ男といかれた女たちのさすらい。独自のユーモアと繊細なセンスで時代の空気を映すあたらしい文学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • +++
    漂泊の魂が声を放つのだ―ここではないどこかへ!と。30過ぎ、臍の緒つき。無為徒食のクズ男といかれた女たちのさすらい。独自のユーモアと繊細なセンスで時代の空気を映すあたらしい文学。
    +++
    表題作のほか、「なゆた」 「孤独のみちかけ」
    +++

    内容紹介の通り、さすらい漂っているような人々ばかりが出てくる物語である。誰もが何かを求め、求めながらゆらゆらと揺らぎ、見つけ出せないままなおも求め続けているような一冊である。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

岡崎祥久(おかざき・よしひさ)
1968年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。1997年「秒速10センチの越冬」で第40回群像新人文学賞、2000年『楽天屋』で第22回野間文芸新人賞受賞。著書に『バンビーノ』『南へ下る道』『首鳴り姫』『独学魔法ノート』『ctの深い川の町』『文学的なジャーナル』などがある。

「2014年 『ファンタズマゴーリア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎祥久の作品

ツイートする