あなたが想う本 (アートルピナス)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784062102315

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 「一人の力では何も生み出せない」

    謙虚でいて力強い二人の作品。
    舟越さんの版画に天童さんが文章を添える。
    版画の人物の表情がどれも哀しそうで。
    その版画を見つめるなかから生み出した文章はどこか不思議で。
    誰しもに笑顔の日はあったんだよね。
    そんなことを想う。そんな一冊。

  • 独特の絵と、少し寂しげなお話。
    2014/3/1

  • ‥あなたはどう想う?

  • 天童 荒太の言葉の持つ力と、舟越 桂の作品の空気が、互いに刺激しあって、とても魅力的。装丁になっている作品『言葉の帽子』は特に好き。目、というか表情が、なんとも奥深い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

天童荒太(てんどう・あらた)
1960(昭和35)年、愛媛県生れ。1986年、「白の家族」で野性時代新人文学賞を受賞。映画の原作、脚本を手がけたのち、1993(平成5)年、『孤独の歌声』が日本推理サスペンス大賞優秀作となる。1996年、『家族狩り』で山本周五郎賞を受賞。2000年、『永遠の仔』で日本推理作家協会賞を受賞。2009年、『悼む人』で直木賞を受賞。2013年、『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞する。他に『あふれた愛』『静人日記』『ムーンナイト・ダイバー』『ペインレス』『巡礼の家』『迷子のままで』などがある。前作に当たる『包帯クラブ』は2006年に刊行、映画化もされ、30万部のベストセラーになる。

「2022年 『包帯クラブ ルック・アット・ミー!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天童荒太の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×