バンド・オブ・ザ・ナイト

著者 :
  • 講談社
3.12
  • (3)
  • (12)
  • (26)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 102
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102513

作品紹介・あらすじ

「ヘルハウス」と呼ばれた家に巣喰うジャンキーども。アル中、万引き常習者、分裂病患者、咳止めシロップ中毒者。彼らがひきおこす悲喜劇。そして今夜もラリった脳みそにイメージの津波が押し寄せる。言語の極北からさらに北へ、夜のバンドは進む。中島らもが今、小説というジャンルに風穴をあける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中島らもの自伝的小説。特に若い頃、家族以外の人間を家に巻き込んでいたヘルハウスという時代。薬にまみれたり、人が死んだり、その中で覚醒する頭の中がどういうものなのか少し見せるような本。めちゃくちゃだが、こんなにナマナマしい内容の本もなかなかない。
    あと5年くらいしてもう一度読んだら、また感じ方が違うかも。ハチャメチャな、薬に浸かりながら、その日だけを生きる、という時間がどんなものか、に少しだけ触れられるような本。

  • トリップ中の文字の羅列を読むのが苦行。けど意地になって目を通した。

  • これはダメだった…。読破できず。

  • 二十歳の時に読んでなくてよかった。

  • 雰囲気は懐かしいけど、クスリの話が多くて^;・・主人公がラリってる時は脈絡のない言葉が並び、斜め読みは得意ですが、飛ばし読みをかなりやりました(笑)
    自伝的内容も多いんでしょうね〜、エピソードが文章のわりに生々しい。子供には読ませたくない本だな〜(^^;
    出鱈目な生活もここまでくれば爽快かもしれないが・・今が良ければいいって時代じゃないし、クスリ現実逃避でエスカレートするから怖い。いい子は、せめて大麻で我慢しましょう(~0~)

  • 2008.1/20-23-
     読みきるのをあきらめた。クスリをやっている人が出てくる本はどうも苦手。でもラリってるときの表現がすごい。いままでにない感じ。単語の羅列にセンスを感じる。

  • トリップ中?みたいな部分が。

  • 中島らもの捕まる前(2000年5月)の発行。死んでしまったが、http://www.fides.dti.ne.jp/~come/このような機械ではなく、頭に浮かんだんだのだろか。吐き出すように。

  • こんなごいすな文章はちょっとない。あのオモロイおっちゃんのなんか賞をもろた作品がどうとか言う前にまずはこれを読みなさい。マジでマジで。

  • ガド君が強烈過ぎて、ほかのことは覚えていられない。
    トリップ気味だけどおもしろいです。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科を卒業。ミュージシャン。作家。92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞を、94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞した。2004年、転落事故による脳挫傷などのため逝去。享年52。

「2021年 『中島らも曼荼羅コレクション#1 白いメリーさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×