羽根と翼

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102575

作品紹介・あらすじ

「アシザワさんでしょう?クボシマは死にましたよ」。黒いマントの女が、俺の時間の闇に誘い込む。小説的醍醐味に満ちた黒井文学の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 黒井千次さん、最近は「老いのかたち」「老いの味わい」などのエッセイを書かれていますが、「羽根と翼」(2000.7)を読んで、純文学作家さんであることを再確認しました。1955年に大学を卒業した若者たち、共産党宣言を読み、ブルジョアとプロレタリアについて考え、歌声喫茶でロシア民謡、カチューシャ、山のロザリオなどを歌い・・・。リーダーで闘志だったもの、会社に入って出世したもの・・・。「嘘」とは何か、「大人」とは何か、「愛」とは、いろんなことを問いかけてくる小説でした。読み応えがありました。

  • 学生運動を経て、社会人として組織に身を置く。高度経済成長期にあって、遮二無二働くうちに定年を迎え、気が付けば空虚な生活に甘んずる日々。身を寄せるよすがの友はなし。旧知との出会いとて煩いに始まり、次第に懐旧の念は高まるも、すでに結成へと発展する情熱は望めず。彼らは幻の男を通してさ迷うも、果たして遭遇によってさえ孤独は払え切れない。

  • 105 早稲田

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2022年 『ベスト・エッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒井千次の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×