青空

著者 :
  • 講談社
2.73
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 16歳の女子高生、美有。学校にも友人にも、彼氏にも、どこか馴染めないものを感じていた。
    周りにバリアを張り巡らせていた彼女が出会ったのは74歳の画家、伊左治。
    あまりにも大きな年の差、それすらもやすやすと越えてくる老人に、時に苛立ち時に安らぎを覚える。
    魅力を感じるのは確かだが、これはまさか恋愛感情なのか…?

    孫ほど年の離れた女の子に対して、性的にあけすけな発言や行動が気になりました。
    当時の自分だったら嫌悪感を持っただろうな〜。そもそも知らないおじいちゃんと仲良くなったり
    ましてや一人で家に遊びに行くなんて、あり得ないかな。恋愛は若者だけのものではない、そういう部分には共感できるんですけどね。

  • 人が人と結びつくこと

     「もっきり屋」の一人娘、美有は16才。ボーイフレンドの祐一とはオートバイに同乗してスピードを出すのが好きだ。祐一は美有とセックスしたいという思っているのだが、美有はそれが嫌だ。
     ある日、店で印象的な老人、岩尾伊佐治に出会う。
     伊佐治は画家だった。彼は、美有をデートに誘い、語り、様々な場所へ彼女を連れていく。
     美有はだんだん、伊佐治に惹かれていくのだが、彼は74才、老人だ。男ではないという意識が常にある。
     その後、美有は自分のことを「ミュウ」と呼んでくれる友人に久しぶりにあった。彼女は、いわゆる不良グループの中にいた。名前は理沙。妊娠しているという。9ヶ月で死産にするつもりらしい。
     その彼女が消えた。それを教えてくれたのは同級生の安奈。彼女は、ずっとバレーをやっていて、美有と同じように群れをつくることを嫌っている。話をしてみると、「もっともっと語り合いたい」気持ちになった。
     祐一がまたセックスを強制しようとして、ケンカになった。
     ある日、アトリエで伊佐治から「蛸が女にからみついている」春画を見せられ、その生き生きとした吸盤から、それが伊佐治に見えてきた。
     そして、伊佐治の愛人という綺麗な男と歩いている彼を見て、嫉妬する。アトリエの2階で2人は抱き合い、伊佐治は持病の心臓のため倒れてしまい、病院で死んでしまう。
     ある日、美有がアトリエに行くと、伊佐治はすでにいなかった。しかし、彼女の心の中には伊佐治は生き続けていくのだった。
     理沙は結局子どもを生むことになり、結婚するという。安奈もひとりではなくなった。
     美有もいまはひとりではない。

     作者は、1955年、札幌生まれ。「百合祭」は映画にもなっている。
     彼女は、年寄りがいつまでも男であり女であり、人であることを物語る。この話の中でも16才の女と74才の男は、しっかりと結びついている。
    2009-02-14

  • 読後感は悪くはない。

  • うーん、あまり引き込まれなくて久々に読むのに時間が掛かった。

全4件中 1 - 4件を表示

桃谷方子の作品

ツイートする