LIES/嘘

  • 講談社
3.44
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102643

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 韓国で38歳の彫刻家と18歳の女子高生の「愛」というより、文字通りセックス三昧の、もの凄い強烈な本です。スピード感ある書き方ですぐに読めますが、これが文学なのか、猥褻小説そのもので、こんな刺激的な本は初めて。ほとんど大部分が性交渉それも倒錯したマゾ・サドの場面。彫刻家が少女を弄んでいる」つもりが次第にのめりこみ、むしろ、奴隷となってしまうという結末。そして実はあまり登場しない少女の友達が重要な役回りにあるということが最後に分かります。

  • どうしてもこの作品の映画化が韓国内で物議を醸したからか(映画まだ見てないけど)、JとYのSM描写に眼目がいってしまうけど、本質的には(社会的に成功しているにもかかわらず)「社会からの疎外」を選びつつある男・Jと、「精神的に疎外感」を抱えている少女・Yとの「ココロとココロのぶつかり合い」の軌跡だと思うんだよなー。そして二人に結びつく少女「ウリ」との関係性。

    疎外と喪失感のある女性の描き方に代表できる、心理描写の濃密さが恐ろしいくらいに巧み。ラストまで息もつかせてくれない畳み掛けるような圧迫感は、まさにこの人の真骨頂。

    エロエロだから万人には勧められないけどねー。

  • 映画を観て興味が湧いたので本も読んでみた。
    こんな話だったのね…!
    濡れ場の描写は生々しいんだけど頭悪そうだなって印象がしなくてなかなか良かったと思います。
    でも一回で良いなって思った。結局はきもちわるい話(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

蒋正一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×