にっぽん・海風魚旅 怪し火さすらい編

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102810

作品紹介・あらすじ

あてずっぽうの旅の妙味とシアワセ。全国のとれたてのうまい魚が色っぽく登場。ぐるりと歩いた原色波風うま酒列島。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「サカナがあったらサシミで食う。うどんがあったらすぐさまススル。灯台があったら静かに下から眺める。」という原則的三大テーマで海を巡った雑誌取材をもとにしたフォトエッセイです。ちょっと前の出版(2000年)ですが、テンポの良い文章が読者を「現地に行って食べてみたい、眺めてみたい、会ってみたい。」と思わせます。臨場感をいっそう引き立てる写真も素敵です。

  • こういう本を読むと旅というものはとても素敵なもの、
    楽しいものだということを痛感させられます。
    本当に面白い旅してきたぜ!!
    というのが文章を読んでいるだけで伝わってきます。
    文章も全然堅苦しくないので気楽に読めてしまうのも
    彼の旅ものの魅力だと思います。

    もうひとつのお楽しみは
    たびの冒頭にある脱力感漂う著者のイラストです。
    どのイラストも面白いのですが、
    最初に出てくるたびのイラストにさりげなくある
    ツッコミはドツボにはまりました。
    あれは恐らく偶然の産物だと思いますが。

    全部のシリーズ読みたいです。

  • 丸亀の『中村』と飯山の『なかむら』が紹介されてます。

全4件中 1 - 4件を表示

にっぽん・海風魚旅 怪し火さすらい編のその他の作品

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

にっぽん・海風魚旅 怪し火さすらい編はこんな本です

ツイートする