(世界記録)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062102940

作品紹介・あらすじ

世界を写生=記録→サンプリングする文学。大型新人のデビュー作。群像新人文学賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 賤しい労働とは何かそれは誰もができることならやりたくない労働。
    貴い労働とはだれもができることならやりたくない労働をやらないですむ労働。
    年譜とは、その人間の反復の写生、記録なのだ。

  • 好き。

  • 劇団時代の座付作家だった横田創の処女作。平成12年群像新人賞受賞作で、作品中には戯曲が2編収録されています。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1970年埼玉県生まれ。演劇の脚本を書くかたわら、小説の執筆をはじめ、2000年「(世界記録)」で第43回群像新人文学賞を受賞。
2002年『裸のカフェ』で第15回三島由紀夫賞候補となる。著書に『(世界記録)』、『裸のカフェ』(以上講談社)、『埋葬』(早川書房)がある。

「2018年 『落としもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横田創の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×