子産 下巻

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (10)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062103831

作品紹介・あらすじ

人を活かす礼とは何か時代を超えることばをもった苛烈なる改革者にして情意あふれる恵人・子産。比類なき風格で描かれる宮城谷文学の名篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 平和であった鄭に争乱が。一気に話が盛り上がってきます。秦、晋、斉、楚などの強国に囲まれ、右顧左眄する小国の宰相として苦労する子産の人物の魅力が花開きます。子産を支える名門・子皮の高潔な人格。管鮑の交わりを思い出させる感動です。春秋時代は現在の損保業界を連想させられます。次第に大国に吸収され戦国7雄に集約されていく過程ですから。それにしても、著者の小説に必ず登場してきた絶世の美女、貞淑で可憐な乙女が一人も出てこず、華がないのは不思議でさえあります。

  • 2008/7 再読

  • 読み込むとわかりやすい。

  • 紀元前500年の子国の子
    のちの鄭の執政が主人公の話です。
    この作者好きなんですよね

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1945年愛知県蒲郡市生まれ。『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を、『重耳』で芸術選奨・文部大臣賞を、『子産』で吉川英治文学賞を受賞。中国古代に材をとった歴史ロマンの第一人者。『孟嘗君』『管仲』『楽毅』『晏子』『王家の風日』『奇貨居くべし』『太公望』『湖底の城』などの小説、『クラシック 私だけの名曲1001曲』などのエッセイほか著書多数。近著に『呉漢』『三国志』『劉邦』などがある。2006年に紫綬褒章、16年に旭日小綬賞を受章した。

「2022年 『侠骨記 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮城谷昌光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×