南極大陸単独横断行

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062104302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カタバ風
    サスツルギ(雪波)

    他人から何を言われてもいい。好きなことしないと、笑って死ねないぞ
    「自然との調和」「自然に感謝を忘れない」という私の冒険スタイルを見失っていた
    自分がやりたいことがあったら、手を挙げて行動しなさい、そうすれば応援してくれる人がきっと見つかるから
    冒険のスタートでまず大切なことは、最初はゆっくり進むことだ
    ハアーと息を吐くと目の前で「パリン」と氷になって、サラサラとシュラフの上に落ちてくる
    氷床の下に湖が広がっている、面積=琵琶湖×22倍、最深部500メートル以上、推定年齢100万年以上
    危険な場所を通るとき(遭難した時)、3,4時間移動するごとに60cmくらいの雪山を作っていく、そうすれば日差しで反射して光って影ができるから見つけやすい
    彼らにとって、南極も自然も「挑戦」して「征服」する対象ではないのか、スコットの失敗もそこにあったのではないか、私はアムンゼンの探険を選ぶ、なりふり構わず南極点到達をめざす旅がつづく

全1件中 1 - 1件を表示

大場満郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×