極楽家族

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062104425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 単語が難しくて何度も辞書を引きました。笑。
    それに反してあっという間に読み終わる引き込ませ具合。
    笑ったぞ。

  • 描写の細やかさと、話の起伏がうまく書けているのですね、さすがです。
    運動会、がどこかリアリティがなくて、幻想的、のように思えたのはぼくだけでしょうか。

  • 07.3.26短編が3つで、全部基本的な設定が同じで、しかも十代女には全く理解できない感情がとつとつと綴られており、はっきり言って面白くなかった。

  • 大学時代の恩師の小説。
    じんわりと伝わる温かみの出し方がすごい。陳腐な言い方だけど、人生経験がにじみでてる。机の前にいるだけじゃ書けない作品。

  • タイトルが目に付いて読んでみた本<br>
    著者は全然知らなかったけど理系ぽい好きな文体<br>
    終わった家族のぐだぐださもツボ

  • 短編集ですが、いづれも職を無くした男の日常を描いています(犬付き)
    次の仕事もどうにかなるさと思っていたのに、見つからないままずるずると暮らす日々。
    物語は淡々と進んで、仕事にがむしゃらだった過去の自分や出会った人々と話がところどころ挿入されています。
    このまま堕ところまで堕ちちゃおうかなと考えてみたり。
    結婚の経験がないからなのか、奥さんというよりはあくまで主人公の立場で読み進めていたけど、結婚したら奥さん側の立場で読んでしまうのだろうか。(2003.3.7)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

佐藤洋二郎(さとう ようじろう)
1949年福岡県生まれ。中央大学卒。主な作品集に『未完成の友情』『神名火』『東京』『グッバイマイラブ』、単行本未収録作品の『佐藤洋二郎選集1 「待ち針」』『佐藤洋二郎選集2「カプセル男」』などがある。『夏至祭』で野間文芸新人賞、『岬の蛍』で芸術選奨新人賞、『イギリス山』で木山捷平文学賞。著書多数。

「2022年 『Y字橋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤洋二郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×