投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (17)
  • (19)
  • (63)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 239
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062104777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 投資戦略の発想法は最新版だけで充分。ゆっくりお金持ちになろう。

  • はるか昔に読んだ本だが、内容を再確認したく図書館で借りて再読。

    地に足のついた堅実な資産形成の考え方が具体的に書いてあり、バイブル的存在。

  • 肩書き通り堅い内容の投資本である。 デイトレーディングとか難しいデリバティブ商品なんか辞めて、 まず第一に2年分の生活費を貯めて、しっかりと働きリストラされない 様なサラリーマンになってから超長期で株とか国債とかインデックスファンド でもやってみなさい。という話。

  • 投資の本というよりも、資産形成のための基本的な考え方。
    ーあなたのポートフォリオの中核は仕事だ
    ー資産形成は副業にすぎない
    ー自分への自信が資産になる

    投資の具体的な方法については、仕事がんばってから読むことにする。
    ー一流投資家への近道は仕事で超一流になること

  • 4062104776 317p 2001・4・17 4刷

  • 個人がどのように投資をして、どのように資産形成をしていくべきなのかが理解できた。
    自分も、まずは安全資産を形成することから始めていきたい。

  •  日本版「金持ち父さん貧乏父さん」です。
     内容は、資産の増やし方です。
     具体的な方法が書いてあり、参考になります。今までのB級マネー雑誌などに惑わされないように、この本を読んで、本当の考え方を身につけましょう!!

    <帯より>
    これまでの「財テク」はもう二度と成功しない。
    誰も書かなかった本物のノウハウ!
    どんな人が財産を増やせるのか?何をすれば勝ち組になれるのか?
    金融機関やマネー雑誌のニセ情報にだまされず、個人投資家が自力でプロに勝つ方法を説く!

    オープニング◆もうだまされるのはやめよう
    これができなければ投資家失格
    【準備編】まずバランスシートを作ろう◆財産形成のベースを作ろう◆あなたのポートフォリオの中核は仕事だ◆持つべきか、持たざるべきかマイホーム
    財産形成のために知っておきたい投資理論
    【理論編】経済学は万能なのだろうか?◆実際に役立つ投資理論の基礎◆実践で活かせる行動心理学
    絶対負けない投資戦略
    【戦略編】落とし穴にははまらない投資初級講座◆株で負けないシンプルな戦略◆経済変動をこの方法で乗り切る
    最小限の手間でできる財産防衛術
    【戦術編】あなたの財産を防衛するために◆うまい話に惑わされない心得

  • 著者は、日銀に入社後、金融コンサルティング会社であるKPMGファイナンシャルの代表取締役を務められた方です。
    どんな専門的な投資戦略がでてくるのだろうとひやひやしながら読んだのですが、拍子抜けするほど、ごく当たり前のことを主張されていました。
    例えば、金融消費は、単純、コストが安く、流動性が高いものを選ぶべきなど。やっぱりそれでよかったんですかと、お墨付きをいただいて安心した次第です。
    金融界の王道を歩いてきた著者が言うごくまともな主張は、私たちの多くがそれをしていないことへの戒めととらえるべきだと思います。
    素直に反省し、明日からでも考え方を改め行動していくべきだと思います。
    本の概要は以下のとおりです。

    <投資戦略の発想法 概要>
    個人のバランスシートを作ってみましょう。資産の状況を把握するとともに、複数にちらばった銀行口座は整理すべきです。負債があるのは、投資でコストを払っているのと同じ。負債の理由を把握し、一刻も早く返済しなければなりません。その上で投資戦略をねることが大切。
    住宅も借金をしてまで購入するものではない。
    人は誤った行動をとるのが当たり前であり、特に一時的に株が下がったときなど、勝手な思い込みで突っ走った行動にでないよう、骨太の投資戦略を構築することが大切である。

  • 内容忘れた。
    そんな程度の本だったのだろう。

  • ここ4,5年の不良債権処理問題で、日本政府の強引なやり方は賛否両論がありますが、その強引な処理を進めさせる上で裏で協力にサポートしていたとして注目された木村氏の投資に関する考え方を述べた本です。といっても、内容は難しくなく、一般の人が投資というものを扱う上で、最低限わきまえておく常識とは何か、という観点で書かれており、素直に読めば大変ためになる本だと思います。この最低限の資格を持っているかどうか、自分の身に照らして考えさせられることが多く書かれています。

全23件中 1 - 10件を表示

木村剛の作品

投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろうを本棚に登録しているひと

ツイートする