日本人のこころ〈1〉

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062105057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大阪(当時の大坂)は、蓮如が石山本願寺を築いて以来の宗教都市であり、今の大阪人の気質とも深い所で繋がっているとか、京都は常に日本の中で「異国」であったとか、そういった話が徒然と書かれている。吉本のようなお笑い芸人の源流が、蓮如の説法の途中で余興を演じた芸人だったという説は、本当かどうか分からないけれど、仮説としては面白い。それに、蓮如が石山本願寺の寺内町に様々な職人を呼び集めたこと自体は、史料で裏付けがとれるみたい。この本を読んでいると、蓮如は日本仏教史における最大の変革者のようにも思えてくるものの、私の知識があまりにも不足しており、その辺の判断は今のところ保留。

  • 巨大な寺内町が形成されていった 集まってきた人々が「御同朋」だった 寺内町という信仰の共和国 「一寸先は闇」は仏教の根本思想である 鴨長明はヒッピーの元祖だった 河原者や神人といわれた「賤民」が力を持っていた時代 

  • 面白い。江戸だけっ子の私にとっては、様々な土地の風習や語源や・・・がとても新鮮に感じられる。日本の深さみたいなものを味わうのに最適。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家。1932年、福岡県生まれ。朝鮮半島で幼少期を送り、引き揚げ後、52年に上京して早稲田大学文学部露文科に入学。57年に中退後、編集者、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞、2010年『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞受賞など受賞多数。ほかの代表作に『風の王国』『大河の一滴』『蓮如』『下山の思想』『百寺巡礼』『生きるヒント』『孤独のすすめ』など多数。

「2022年 『人生のレシピ 人生百年時代の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×