ここまできてそれなりにわかったこと

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (9)
  • (9)
  • (27)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062105576

作品紹介・あらすじ

人間バカでも二千年もやれば少しはわかるもんさ、ま、わからないものはさておいて、というあたりでどうでしょう。いちおう、ここまできてそれなりにわかったこと150項目ばかり。新世紀を迎えて、五味太郎の前世紀総括レポート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2001年出版の児童書なのに2021年の今になってもほとんど変わらない世の常をシニカルに書いていて面白いし気付かされる項目が多かった。
    ・動物園はどうしたって動物虐待
    ・すごい爆弾を発明した人も、ミサイルを操作する人も、スパイ活動をする人も、みんなみんな一生懸命で真面目で、そしてきっと、誰かに褒めてもらいたかったんだ、ということ
    ・宇宙に知的生物はいない、地球にもいない、ということ

  • 図書館本。
    著者の風刺の効いた言葉と挿し絵は、時に鋭く、時にユーモラスで、その興味は森羅万象に渡る。
    フムフムと頷いたり、クスッと笑ったりしながら楽しく読み終えることができました。

  • 図書館で借りてきた。
    バカにされないようにがんばったりすると、残念ながらバカにされちゃうんだなあ、ということ。
    が、ちょっと刺さった。

  • 言えてる~

  •  日常レベルの些細なことから世間への痛烈な風刺まで、五味さんの「それなりにわかったこと」は多岐にわたる。そのどれもに少し毒がきいており、それに更にちょこっと皮肉を上乗せするようなイラストがとても面白かった。

  • 五味太郎の子供用の絵本って、大人が読んでも面白いんだよね。絵本作家ではぴか一なんじゃないかな。
    そんな著者が書いた大人用のものがこれ。いかにも五味太郎らしさが出てるのはよい、けれど、子供向けに書いたものの方が僕は好きだな。

  • 五味太郎の一ページに1テーマで短い短文が載せられている。
    それほど毒はないものの、五味さんらしいやや斜めからの視点でのものの見方は面白い。
    もう少し羽目をはずして欲しかったかな。

  • そんでいてそうだよねって脱力。そんなに力入れて頑張らなくてもいいかもっておもえてきます。

  • 「うしろを振り向くな!」という美しい標語は青春用よりは、むしろ老人用ふさわしいということ。なるほど~と思いました^^

  • 「こ」の棚を覗いて、もう一冊とともに思わず手に取ってしまった五味太郎さんの大人向け絵本。これまで(ちなみに発刊は2001年)著者が生きてきて「わかったこと」150項目が、一ページずつイラストともに描かれています。
    実に単純な内容から、思わず「う~ん」と唸ってしまうものまで・・。
    一番「う~ん」と思ったのは18番目;
    効果的な人殺しだとか、かなり巧妙な詐欺師だとか、他人が唖然としてしまうような大胆な発想の泥棒なんかが一人でも先祖にいれば、その家系は、あとはキープ、キープで結構豊かだ、ということ。それ以外にお嬢様、お坊ちゃまが生まれる可能性はない、ということ。
    これからおよそ12年。筆者の「これまで」をまた読んでみたいと思いました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

五味太郎
1945年生まれ。工業デザイナーを経て絵本の世界へ。著作は450冊を超える。サンケイ児童出版文化賞、東燃ゼネラル児童文化賞、ボローニャ国際絵本原画展などで数多くの賞を受賞。絵本に『きんぎょが にげた』『かぶさん とんだ』『さんぽのしるし』『ばったくん』『みんなうんち』『からだの みなさん』『どこまで ゆくの?』(以上、福音館書店)『まどから おくりもの』『仔牛の春』『つくえはつくえ』(以上、偕成社)『かくしたの だあれ』『たべたの だあれ』(ともに文化出版局)『さる・るるる』(絵本館)「らくがき絵本」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。絵本論『絵本をよんでみる』(平凡社)、絵本の仕事をまとめた『五味太郎 絵本図録』(青幻舎)がある。

「2022年 『JAZZ SONG BOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×