老博奕打ち―物書同心居眠り紋蔵

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062105798

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 居眠り紋蔵シリーズ5巻。今回は事件を、好奇心で嗅ぎ回ったりして、かかわってしまう(周囲があてにする。)知恵蔵担当。普通時代劇では省かれる、奉行所の手続きとか、風習など詳しく書かれ、面白い。全8話の最後の話は、紋蔵が、伝六に振り回され読メお気に入りさんと、同じく「何かムカってしたまま」終わる。

  • 「物書同心居眠り紋蔵」第5冊〜預かっている文吉は手が負えなくなってきた。折角の口利きで貰った鰻の切手を掠め取られる〜すらすら読ませるって才能だよなあ・・・頭には入ってこないが

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

佐藤 雅美(さとう・まさよし)
1941年兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒。デビュー作『大君の通貨』で第四回新田次郎文学賞を受賞。1994年『恵比寿屋喜兵衛手控え』で第110回直木賞を受賞する。著作に『御奉行の頭の火照り 物書同心居眠り紋蔵』『頼みある仲の酒宴かな 縮尻鏡三郎』『関所破り定次郎目籠のお練り 八州廻り桑山十兵衛』『知の巨人 荻生徂徠伝』などがある。2019年7月逝去。

「2021年 『恵比寿屋喜兵衛手控え 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤雅美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×