黄金の島

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (7)
  • (18)
  • (56)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 179
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (548ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062106566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真保さんらしい豪快な作品。
    嵐の場面は臨場感に溢れてさすがと思わせる。
    内容としてはオーソドックで意外性はあまりない。予測しやすい展開。驚きはなかった。
    いろいろと謎やその後を残して物語を終えているのが残念。最後もあっけなく終わる。もっと長く続けてほしかった。

  • 豊かな暮らしも自由も、生まれた時に決まってしまう。
    自分より下のものを見つけては踏みつけ、上前をはねないことには人間らしい暮らしができない。
    人としての誇りを捨てなければ、生きていけない。

    では地べたに這いつくばって、泥にまみれて生きているのは人ではないのか?

    この国に、ベトナムにいる限り幸せにはなれない。
    アメリカや日本に生まれていたら、ビデオや冷蔵庫が当たり前にある暮らしができるのに。

    チャウは、いとこのカイ達と一緒にシクロ(自転車のタクシーのようなもの)乗りとして暮らしている。
    お金を貯めて、日本へ密航するために。
    日本に行けばあっという間にお金持ちになり、田舎の家族を幸せにすることができるから。

    チャウたちのようにベトナムの底辺で暮らす人たちが、どれだけ過酷な毎日を送っているのか。
    これでもかこれでもかと試練が襲う日々。
    そして彼らの前に現れた救世主が、組織から追われベトナムに逃れてきた男、坂口修二。

    日本に愛する女性を残してきたため、なんとかして日本に帰りたいと思う坂口と、日本で金持ちになりたいチャウたちが出会ったとき、彼らは日本へ向かうことになった。

    とはいえ、頭がいいのにお人好しで詰めが甘い坂口や、人間不信・自分勝手・怠け癖などからほころびを見せるチャウたちの仲間などのせいで、二転三転する状況に気が気ではなく、ページをめくる手が止まらない。

    男は夢を見て、女は現実を見るということなのだろうか。
    魅力的な女性が出てこなかったなあ。(あくまで私にとっては)
    単純なハッピーエンドではないところが、作者の誠意なのだろう。

  • 12年程前、仕事の関係で1年半の間、ベトナムのホーチミンに駐在員として滞在していた事もあり、それなりの思い入れがありました。
    只、もう少し物語の展開を期待していたのですが、、、少し消化不良な気がします。

  • 作者の作品ではコレが一番好き。
    一気に読めました。

  • 中々ハードボイルドな、血腥い感じでした。
    読む本読む本、いろんな職業の人がいて、いろんな世界観があるのが凄い。
    結構作家さんて、自分の考えが入ってどのシリーズを読んでも
    似ている世界観や人間が出てきたりするものなのですが。
    大体、自分の経験していない職業の人を書こうと思ったら、
    その職業のことからまず調べないといけないわけで。
    真保さんの取材力にはびっくりです。

    ラストの方はちょっと悲しかったけど、いや、大分悲しかったけど。
    でも安易なハッピーエンドじゃない分、これが真実という気もした。
    読んだ後もなんとなく、海上で浴びた雨みたいに肌に残る感じの小説でした。

  • 日本を追われた主人公がタイ、べトナムと逃れ、
    やがて日本を目指して密入国を目指す.... という話。

    実際にべトナムに住んでいるせいか、知っている場所や物などが
    出て来て臨場感があり楽しめた。
    それにしてもべトナム人の使える物は何でも使って生きてゆく
    その根性が上手く描かれていて面白かった。

    長編で読み応えあり!

  • 薦めたい本

  • ベトナムに逃れてきたヤクザがその地でもがいて生きていく。日本はやはり経済大国で黄金の島。

  • 日本を追われ、帰国を試みるヤクザと、密入国を夢見るベトナム貧民との話。
    貧困の苦しさと、それから生み出される情念が力強く書かれている。
    戦後にはあり、今の日本人が失ったものが描かれている気がする。
    真保裕一らしいプロットだし、リサーチだが、内容的には船戸与一ぽい。

  • 組に追われベトナムまで逃がれてきたヤクザが豊かさに憧れ、明日の見えない貧困から脱出することを夢見るシクロ乗りたちと出会う。
    目的は違えどそれぞれの思いを胸に“密航”という手段で共に黄金の島、日本を目指す。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1961年東京都生まれ。91年に『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞。96年に『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、97年に『奪取』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞長編部門、2006年『灰色の北壁』で新田次郎賞を受賞。

真保裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
真保 裕一
奥田 英朗
東野 圭吾
雫井 脩介
伊坂 幸太郎
吉田 修一
東野 圭吾
真保 裕一
湊 かなえ
横山 秀夫
東野 圭吾
東野 圭吾
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
真保 裕一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする