悪タレ極道 いのちやりなおし―A Born‐Again Christian

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062106641

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なかなかの波瀾万丈人生ですな。

  • バブル時代に『経済ヤクザ』として、この世のありとあらゆる欲望を満たしてきた著者が、一転、全てを失い、破門された後に神に仕える宣教師として再生していく自伝です。壮絶な人生に唖然とします。

    さっきこの本を読んでいましてね。いま、Youtubeでこの人の講演を聞きながらこの記事を執筆しています。極道から牧師になった方で、こういう経歴を持った牧師で、最近では進藤龍也牧師が有名ですが、「ミッション・バラバ」に所属する中島牧師はその元祖とも言える方の一人でしょう。

    あえて具体名はここで書きませんが、出身団体も同じですしね。渡世の世界に入った筆者は『経済ヤクザ』として、バブル期の一時にその莫大な経済力を背景に酒池肉林の栄耀栄華を尽くしたのですが、自身で覚醒剤を使ってしまったがゆえに所属していた組織を破門されてしまい、その後、クリスチャンである妻の影響もあって、最初は付き添われていった教会を皮切りにして、キリスト教に本格的にのめりこんですが、その過程が壮絶でした。

    この人の手記を読んでいると、新約聖書の中でイエス・キリストの言う
    『私が来たのは正しい人を招くためではなく、罪人を招くためだ』
    と言うこの一節を強く思い起こさせます。今度、彼らのことを描いた映画と原作本の『親分はイエス様』を両方とも見てみようかなと、思ってさえいます。

全2件中 1 - 2件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×