最強の戦闘機パイロット

著者 :
  • 講談社
3.76
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062106726

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実は戦闘機マニアです。

    日本のトップガン、岩崎貴弘氏の自伝。
    好きで好きで仕方ない事に打ち込む姿、最強の飛行機乗りのプロフェッショナルとしての生き様に感銘を受けました。

    岩崎氏がエアーショー訓練中の事故で亡くなる前年、2004年の三沢基地航空ショーで同氏の飛行を目の前で見ることが出来た。あの時の感動と興奮は今でも忘れない。

    分野は違えど、プロフェッショナルの生き様にはみな、厳しさと情熱と矜持がある。

    【プロフェッショナルシリーズ】
    小澤征爾「ボクの音楽武者修行」
    小松成美「中田英寿 誇り」

  • 航空自衛隊の伝説のパイロット、ロック岩崎氏の自伝的著書。戦闘機コックピット内の描写や、パイロットの日常、訓練内容など、多岐にわたる内容で、しかもわかりやすく楽しめました。パイロットの腕も超一流ながら、巧みな文章力も伴っている人というのは貴重なのではないでしょうか。この本も文章が安定しているので、すごく読みやすかったです。飛行機好きな人なら、詳しい人から、私のような「ナンチャッテ」レベルの人間まで楽しめる1冊だと思います。それだけに、岩崎氏の逝去が本当に悔やまれます。

  • 永遠に蒼穹を飛び続けています。

  • 自慢話だけれど、本当「十分自慢できる話」です。格好良いです。追記:ご冥福をお祈りいたします。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする