この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (26)
  • (20)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (458ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062107433

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北極から南極まで旅する若者の記録。
    とても面白いです。

  • 北極から南極までの旅。自然について、人間について、生き方について感じている。考えてるというより、感じている。

  • 北極から南極まで人力で旅する8人の若者。プロジェクトに参加した日本人・石川直樹の日記を起こしたもの。
    「ホクレア号」でスターナビゲーションを習得すべく太平洋航海した経験のスライドトークショーを聞いたのがきっかけで彼に興味を持った。
    人間の持つあらゆる可能性に挑戦し、人生経験を積んでいっているのが素晴らしい。全ての若者がこう成れるわけではないけれど、彼のコメントには心打たれるし、希望を見いだすことができる。
    http://www.straightree.com/

  • やっぱり
    人生
    旅だと思う

  • こんな旅がしたい!

  • 大学生時代にプレゼントでもらった本。人間と自然との付き合い方が見えてきます。
    長い長い日記だけど、少しずつ大切に読みたくなる。

著者プロフィール

1977年生まれ。写真家。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。「NEW DIMENSION」(赤々舎)、「POLAR」(リトルモア)で、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。「CORONA」(青土社)で、土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した「最後の冒険家」(集英社)ほか多数。最新刊に、エッセイ「極北へ」(毎日新聞出版)、写真集「Ama Dablam」(SLANT)、「この星の光の地図を写す」(リトルモア)など。東京都在住。

「2019年 『靴のおはなし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川直樹の作品

ツイートする