野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年

  • 講談社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062107570

作品紹介・あらすじ

あの年の、6月23日から8月15日までの時間が、あの年からの、沖縄と本土との距離。野坂昭如戦争童話集30年ぶりの新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お、思った以上に戦争文学だった…
    ていうか広島爆撃…
    ウミガメの卵すすっちゃう場面、なんかこう…なんも言えねえ…ってなったな…

  • 2012年7月4日

    アートディレクション/長友啓典
    装丁/加藤茂樹+K2

  • 低学年、中学年向け

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

野坂昭如

一九三〇年(昭和五)神奈川県生まれ。親戚の養子となり神戸に育つ。四五年の空襲で養父を失い、のち、実家に引き取られる。旧制新潟高校から早稲田大学第一文学部仏文科に進むが、五七年中退。CMソング作詞家、放送作家などさまざまな職を経て、六三年「エロ事師たち」で作家デビュー。六八年「アメリカひじき」「火垂るの墓」で直木賞を、九七年『同心円』で吉川英治文学賞を、二〇〇二年『文壇』およびそれに至る文業で泉鏡花文学賞を受賞。そのほか『骨餓身峠死人葛』『戦争童話集』『一九四五・夏・神戸』など多くの著書がある。二〇一〇年(平成二十七)死去。

「2020年 『「終戦日記」を読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野坂昭如の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
草場 一寿
はた こうしろう
くすのき しげの...
ミヒャエル=エン...
ローレンス ブル...
エリック カール
クリス・ヴァン・...
ヘミングウェイ
ユリー・シュルヴ...
ルース・バンダー...
モーリス・センダ...
荒井 良二
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×