誰も書かなかった生保のカラクリ

著者 :
  • 講談社
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062108157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まぁまぁ。
    よまなくてもよかったかな

  • なかなか楽しめた。昔の本だから現状をちゃんと調べたいと思った。

  • 図書館より

    ろくに稼ぎもしないで高給をとる50歳前後の中間管理職などいらないだろう p174

    保険金の支払いはわりと杜撰

    ことなかれ主義の生保p175

    銀行以外の金融機関で自立の道を行くのは、ニッセイのほかに野村證券と東京海上だけp193・・

    じゃあ明治安田は?昔の本だからちょっと不安。

    正直、半分以上は読む気がでず、拾い読みで終えた。生命保険の罠を読んでしまったからだ。

    09年3月1日184635より更新

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2021年3月現在
成田国際福祉専門学校非常勤講師

「2021年 『子どもの理解と援助 演習ブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤雄一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×