牙―江夏豊とその時代

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (6)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062108621

作品紹介・あらすじ

現役生活十八年の通算成績は、二百六勝百五十八敗百九十三セーブ。最優秀防御率一回、最多勝二回、最優秀救援投手五回、セ・パ両リーグにまたがってMVP(最優秀選手賞)…。残した数字も傑出しているが、江夏は記録よりも記憶に残る投手だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ON全盛時代のジャイアンツ相手にダブル・ヘッダーで連投して1点も取られず、自分のバットで片をつけた飛び切り熱い男、江夏豊。今ではほとんど見ることもない野球だが、この本を読んでいるうちに40年以上も昔のその時の彼のマウンド上の雄姿とそれを取り巻く時代の熱気が蘇ってくる。

  • 大投手江夏、広島でもなく、日本ハムでもなく阪神の江夏とその時代を全て描ききっている、一冊。
    大胆なイメージをもっていたが、コントロールの良さと記憶力の良さがあって、そこにスピードもあったので、間違いなくNo1の投手という証言。
    当時の知らない先週も多数でてくるが、そのどれもが職人・文面からも近寄りがたさが伝わってくる、プロの選手でそのどれもが魅力的。
    冴えない監督のイメージの村山実も、ものすごい大投手だったんだと勉強になる。
    後半、江夏に関わった色々な選手、有名どころから無名どころまでを上げていき、最後に林健三という全く無名の選手、しかし何故か江夏が一番苦手にしていた打者、現在は個人タクシーの運転手。彼の江夏を通じた野球の思い出の一言には、何故か感動してしまう。
    後藤正治の、最高の一冊だと思っています。

  • 後藤 正治 / 講談社 (2002/02)

  • 有名、無名の選手、関係者へのインタビューを通じて描写した、かつてのプロ野球黄金時代への賛辞というべきノンフィクション

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、京都市に生まれる。ノンフィクション作家。
『遠いリング』で講談社ノンフィクション賞、『リターンマッチ』で大宅壮一ノンフィクション賞、『清冽』で桑原武夫学芸賞受賞。近著に『天人』『奇蹟の画家』(ともに講談社文庫)、『言葉を旅する』(潮出版社)、『後藤正治ノンフィクション集』(全10巻、ブレーンセンター)など。


「2021年 『拗ね者たらん  本田靖春 人と作品』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤正治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×