網野善彦対談集「日本」をめぐって

  • 講談社
3.93
  • (5)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062110235

作品紹介・あらすじ

新しい問いかけ。6人の論客との白熱対談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 成田龍一との対談もままおもしろいですが、ハイライトはやはり小熊英二との対談の部分でしょうか。対談者というよりインタビュアで分析者の小熊が網野前後の歴史学界のコンテクストを紹介しつつ、ズバズバと質問していく。それに対して回答者も丁寧に返していく。結果的に読む側にとっては二重においしい感じです。(戦後〜現代歴史学界のひとつの様相を見るとともに、網野の見解も知れるということで。)

  • 「日本」の歴史の見直し。
    国民国家が近代の産物だという主張に対して反対意見もある。

    ・農村中心史観、土地制度史観、生産中心主義への批判。縄文時代から交易はあった。着飾りたいのは人の本能。

    ・歴史は物語とは違う。真実など頭からわからないときめこむ立場こそ傲慢の極み。

  • 小熊さん…(苦笑)。でも小熊対談が網野さんの姿勢を一番際立たせているかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928-2004年。東京大学文学部国史学科卒業。名古屋大学助教授,神奈川大学短期大学部教授,神奈川大学特任教授を歴任。専門は日本中世史。主な著書に『蒙古襲来』,『中世東寺と東寺領荘園』,『日本中世の民衆像』,『日本中世の非農業民と天皇』,『日本の歴史をよみなおす』,『「日本」とは何か』,『網野善彦著作集』全18巻+別巻がある。

「2019年 『中世の罪と罰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

網野善彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×