絶対零度

著者 : 本岡類
  • 講談社 (2002年2月発売)
2.90
  • (0)
  • (1)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062111775

作品紹介

孤独な魂たちが引き起こす戦慄のテロリズム。若者の間で、密かにその存在を囁かれる"おやじ殺しゲーム"。体験者はやがて妄想に取り憑かれ、実際に無差別殺人を始めるという-現代社会の闇を抉る、渾身の書下ろしサスペンス900枚。

絶対零度の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2013.04.07読了)

  • 社会に対する強い問題意識が感じられる。

  • 2010.6.14

  • 少年犯罪とか覚醒剤とかバーチャルリアリテイだとか、「現代」にありがちなキーワードのオンパレード。だけれどもなかなかに面白かった。陰の黒幕が誰かだとか、動機だとかの部分はそこそこ読めると思う。
    ところでこの作中に出てくる、人間を殺して快感を得る→人間相手じゃさすがにまずいので、敵を「ゾンビ」に設定したゲーム、って、たぶんアレだよねえ? ……いや、倒しても快感、じゃあないんだけれど?(笑) って私が下手なだけか。

全5件中 1 - 5件を表示

本岡類の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

絶対零度はこんな本です

ツイートする