ザ・ジョーカー

著者 : 大沢在昌
  • 講談社 (2002年4月発売)
3.15
  • (5)
  • (10)
  • (31)
  • (6)
  • (3)
  • 109人登録
  • 16レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062111966

作品紹介

私立探偵にも逃がし屋にも依頼できないトラブルを、たったひとりで引き受ける最後のプロフェッショナル。着手金は100万。仕事は「殺し」以外のすべて。東京の闇と、そこで生きる男のプライドを描いた新シリーズ。

ザ・ジョーカーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)ジョーカーの伝説/ジョーカーとレスラー/ジョーカーと革命/ジョーカーの後悔/雨とジョーカー/ジョカーの当惑

  • 短編ばかりでさっと読めるのがいい。
    少しわかりにくい部分もあったけど、どの話も面白かった。初めて読んだけど他も読みたい。

  • 面白かった。長編にしてもう少し話に含みがあるといい。何となく書き逃げって感じ

  • 「殺しは仕事にしたことがない」わりに、そうでもなく、「殺しをしなかったとはいわないが」というので、確かに…と思う。
    依頼の仕事を請け負うが、結局は裏の自分達のような者の相手ばかり。まぁ、危ない依頼とはそんなものかな?

    2013.9.26

  • book offに持って行く前に再度、読んでみた。
    探偵は云々にちょっとかぶってる気もする。
    6作品の短編集。
    たいした内容ではない。
    '12.07.14読書完了

  • 男性向けのハードボイルドなので敬遠してたけども、一度大沢作品を読んでおこうと思って挑戦。登場人物のほぼ全員に現実感が無くて、ファンタジーとして楽しく読めた。エロくない所も良い。これくらいスッキリあっさりと読めるならハードボイルドでも楽しめる。

  • 何気に借りた大沢作品、読了。「俺」ことジョーカーの短編集。今夜も六本木の外れ、沢井のバーの扉を開けてジョーカーに仕事を頼みに訪れる人がいる。おそらくジョーカーの引退はもっと先のはず…。

  • なんかバブルの名残をひきずった感じのハードボイルド小説を気取ったと思われるのだけれど、内容がうすっぺらでつまらない。読んでいてわくわくもはらはらもしない。結末も読めてしまう。

  • 主人公のジョーカーが渋くて、かっこいい。
    まさに裏の仕事人。
    けども、個人的には感情移入しにくいです。
    ガードが固いというか…。
    裏の世界の話なのにそれほど陰気な感じがしないのは、バーテンダーの沢井の人柄でしょうかね。
    いいキャラです、沢井。
    満足度は★★★☆☆。もしくは★3.5。
    短編集なので読みやすく、あっさり気軽に読める。

  • 同じ主人公による短編集。
    短編なので少し物足りない感があるけれど、徐々におもしろくなってきました。
    でもやっぱ、ハードボイルドはわたしのガラじゃないな。

全16件中 1 - 10件を表示

ザ・ジョーカーのその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ザ・ジョーカーはこんな本です

ツイートする