冬の旅人

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (9)
  • (18)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062112567

作品紹介・あらすじ

十九世紀末、帝政露西亜。十七歳の川江環は、日本人で初めて画学生として留学をゆるされる。がんじがらめの女学院を抜け出し、混沌のペテルブルグ、流刑地シベリアと憑かれたように彷徨い、それぞれの土地で絵筆を執り続ける環。露西亜という船に運命を託した環は、やがて革命の大きな渦へと呑み込まれてゆく-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帝政ロシアの末期。日本人留学生の一生。

  • 初読

    な……長かった…
    帝政ロシア末期、17歳の日本人女性がロシアをひとり、
    生き抜く話。

    この時代のロシアの、暗くて不潔で濃厚なムードはたっぷり。
    ロシアについて書かれたものには必ず描かれる迷信深い、
    土着の何か…。革命に至るムード、気配もたっぷり書かれてる。

    ただ、環(タマーラ)は私にとってあんまり興味がわかないタイプでw
    花乃視点の話の方が読みたかったかも?
    フェージャも結局なんだよ、とまぁ、わかったようなわからんような。
    ラスプーチンもあのラスプーチンだよなぁ、
    いつからあのラスプーチンになるんだろと思ってたら
    わりとあっさりなった上に急に歴史ファンタジーの様相で
    タマーラがアレと皇女を見付けたくだりはちょっとシラけてしまいました。

  • ロンドのような。浮かんでは沈み、浮かんでは沈みを繰り返す。この儘ならない感じが、重くて深い。

  • 19世紀末のロシア帝政時代。聖像画を学ぶために留学生としてペテルブルグの修道院に来た川江環(タマーラ)を主人公とする小説。

    中盤までは芸術小説なのかと思って読んでいたのだが、後半になってラスプーチンが登場したり、皇帝ニコライ2世の一家との交流が、中心になり、がぜん歴史小説っぽくなる。

    個人的には、芸術家の狂気じみたところをもっと最後まで出してほしい感じがあったが、作者の意図はそうではなかったのだろう。とても面白かったのではあるが、そのズレがちょっと残念だった。

  • お、重・・・・ッ
    革命期のロシアですね。・・・暗い・・・。油断してると胃もたれ起します。主人公は天才型なのか、本当に一緒にいたら耐えられないだろう困ったちゃんだな。あの女の子よくついてったな。

  • 最後の一行の満足感と言ったら!!

  • 死=透明
    ここに一番感動した。

  • タマーラの人生のなんとドラマティックなことか。異国で革命を目の当たりにするなんて・・・。とても自分では経験できないようなストーリーがドラマティックにそれでいて本当にそこに自分がいるように、タマーラになっているかのように読めるお話でした。すごくおもしろかったです。

  • ロシア革命前後の激動の時期を日本人女子留学生が生きた、という架空の設定で描く歴史絵巻。

  • 引き込まれ方がすごかった。皆川パワーすごい。長編初めてだったけど、面白・・・!!!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

皆川博子(みながわ・ひろこ)
一九三〇年、京城生まれ。東京女子大学英文科中退。
72年、児童向け長篇『海と十字架』でデビュー。
73年6月「アルカディアの夏」により第20回小説現代新人賞を受賞後は、ミステリー、幻想、時代小説など幅広いジャンルで活躍中。
85年『壁――旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会協会賞、86年「恋紅」で第95回直木賞、90年「薔薇忌」で第3回柴田錬三郎賞、98年「死の泉」で第32回吉川英治文学賞、12年「開かせていただき光栄です」で第12回本格ミステリ大賞、13年 第16回日本ミステリー文学大賞を受賞。
異色の恐怖犯罪小説を集めた傑作集「悦楽園」(出版芸術社)や70年代の単行本未収録作を収録した「ペガサスの挽歌」(烏有書林)などの傑作集も刊行されている。

「2017年 『皆川博子コレクション10みだれ絵双紙 金瓶梅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

皆川博子の作品

ツイートする