ゴッホ殺人事件〈上〉

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (4)
  • (12)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062112710

作品紹介・あらすじ

パリで美術品修復家をしている加納由梨子の母が東京で死に、貸金庫にドイツ語で書かれたリストが遺された。「ヴィンセント」の文字はゴッホと関係があるのか。パリに戻った由梨子のもとへ、オルセー美術館のゴッホ研究者がたずねてきた。貸金庫に遺された謎のリスト。ゴッホ研究者たちが追う喪われた名作とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻にて。

  • 感想は下巻。

  • 塔馬双太郎シリーズ、と言って良いものか…
    とりあえず上巻には出てきません(苦笑)。
    パリ在住の美術品修復家・加納由梨子を中心に話が進んでいきます。
    かのゴッホが自殺ではなく誰かに殺された、という仮説を
    追いかけているうちに、母の死と、オランダ人とのハーフだった
    亡き父の過去をも疑うことになった由梨子。

    影に日向にうろうろするモサド諜報員が、なかなかイイ味出してます。


    【収録内容】
     プロローグ
     第一章 復活
     第二章 曲折
     第三章 殺人
     第四章 暗闇

  • ゴッホの絵画を巡って起こる殺人と、そしてゴッホの死に隠された真相を暴く、という、一冊で二度おいしい作品。個人的には、「ゴッホは自殺だったのか」の検証が面白かったなあ。歴史ミステリっぽくも読めるかも。
    ゴッホを知らない人はまあいないだろうけれど、そのバックグラウンドまで詳しく知っている人はなかなかいないかな。私もそうなので、「そうか、そんな裏があったのかー!」と信じて完全に騙されていたり(笑)。いや、でもこれが真相でもおかしくないんだよね?
    あと、ちらりと出ていた「日本人の美術館好きな習性」にはなんだか納得。「有名なものなら見ておかないと損」っての、たしかにあるよなあ。でもたぶん、間違ってるんだよね。

  • 2008.5

  • ゴッホについての様々な謎について語られつつ、次々に事件が起こる。一度読み始めたら止まらずに一気に読ませる面白さがありますね。

全6件中 1 - 6件を表示

ゴッホ殺人事件〈上〉のその他の作品

高橋克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
冲方 丁
宮部 みゆき
高橋 克彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする