東大講義録 ―文明を解く―

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (11)
  • (5)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062113793

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぜ歴史を学ぶ必要があるのか。それは文 明のほころび方を学ぶためだと官僚主義への批判を中心に、認識させてくれる。

    世界史と日本史学習のミッドセクションにあるべき一冊。

  • 幕末くらいまでの話は楽しく読んだ。戦中に関してはもっと詳しく語ってほしかった。現代は…とりあえず自分のような凡愚はどんな世の中になっても頑張って生きていくしかないと思った。

  • 歴史を読むとはどのようなことか?

    東大の講義を単行本にした本だが、歴史が常に同じようなサイクルで動き、どの段階にいるのかをしっかりと見極めることが大切であるかを教えてくれれる書。

    一読すると、日本の歴史教育の弊害もまたわかる。

  • 実家に遊びに行ったとき、父がくれた本。堺屋さんはいつも難しいことを分かりやすく説明してくれる。この講義を生で聴けたらどんなに楽しいだろうと思った。カバーの絵も可愛い。

  • 我々人類はどのような営みをとげ、社会はどのように変化してきたのだろうか。そして、今後どこへ向かって進むのだろうか。単なる歴史的事実の羅列ではなく、氏独自の大胆な視点から、文字通り文明の法則を「解読」し、来る知識社会を見事に予測した画期的講義録。日本はなぜ停滞し行き詰っているのか、その病巣はどこにあるのか。またそれを取り除くにはどうすればよいのか。その驚くべき処方箋は、我々の考え付かないものだった。私もこんなシナリオが描けるようになりたい。

  • 堺屋さんの歴史の話はワンパターンでやや退屈です。

  • 通算で6回目。

  • これを歴史の教科書にしてほしい

  • 人類の経済史の読み解きとそこからくる現代の知価社会の原理。堺屋太一さんてすごい

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1935年,大阪生まれ。東京大学経済学部卒業後,通産省に勤務。日本万国博,沖縄海洋博などを手がける。1978年退官,執筆評論活動に入る。著書に『油断!』『団塊の世代』『知価革命』『組織の盛衰』『平成三十年』『東大講義録』などのほか,『峠の群像』『豊臣秀長』『俯き加減の男の肖像』『秀吉』などの歴史小説がある。経済企画庁長官,内閣特別顧問などを歴任,現在東京大学先端科学技術研究センター客員教授,早稲田大学大学院客員教授。

堺屋太一の作品

ツイートする