熊の場所

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (74)
  • (101)
  • (252)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 681
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062113953

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編3本。どれもすっごく引き込まれる文章。なぜこんな魅力的なのか。すごいなぁと思う。全部好きでした。

  • 3話入ってるから1話ずつ読もうと思ってたら、すぐに読み終わってた。引き込まれます。人の暗い部分に立ち向かう人みたいな感じでしたが、安易に人にお勧めだよ!とか言うと偏見をかうかもとか思った。
    自分から人に勧めたりはしないけど、この作者の本はずっと読んでいきたい。

  • 昔知人に「君の文章の流れは舞城王太郎に似ている」と言われて、
    舞城氏を知らなかった私は、本屋へ行ってこれを買って読んだ。
    非常にリズミカルな言葉の羅列。
    次にどう言う展開がくるのか楽しみでしかたがなかった。

  • 初・舞城作品。インパクトはかなりありました。が、文体が苦手。

  • 短編三本。あいかわらず好き嫌いのはっきり分かれそうな語り口だけど、それがいい。

  • 表紙にひかれて初めて舞城王太郎作品を読んだのがこの『熊の場所』。人間の暗い部分、日常では目をそむけたくなるような部分を題材にしています。表紙が可愛いからっていってプレゼントするのは気をつけたほうがいいぞ!作品としては良く描かれていて、読みやすく印象に残る作品です。

  • すべておいしゅうごいました。

  • 恐怖を消し去るためには源の場所にすぐに戻らねばならない・・・そうなのか、そうなんだよ!面白すぎなんだよ!グロあり愛情あり友情ありエロありでてんこ盛りだよ・・・!

  • 舞城作品にしては、若干マイルドな感じ。<br>少々のぶっとびは健在なので初めての方には丁度いいんじゃないかな。買うなら是非ハードカバーで!表紙がふわっふわしててエヘヘヘーってなる。たまりません。(2007/05/21)

  • 舞城さん!!大好きデスvだんだん舞城ワールドに引き込まれていく。「熊の場所」ヤバィ。いつもの意味不明でぶっ飛んでる感が少なくて読みやすい。少年の残虐性とか憧れとか・・・とにかくいいっ!!の一言。読んでほしい一冊です。

全134件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊の場所のその他の作品

熊の場所 (講談社文庫) Kindle版 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎
熊の場所 (講談社文庫) 文庫 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする