熊の場所

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (74)
  • (101)
  • (252)
  • (9)
  • (6)
本棚登録 : 682
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062113953

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱすごい。軽薄でありながら、ぐいぐいひっぱる力はほんもの。抜けきらない感じがあるが、もう抜け切ろうとも思っていないのだろう。従来の小説の価値観とは別の価値観で戦っている気がする。クラシックではなく、あくまでJ-POPの世界で戦っている感じ。でも力は本物だと思う。

  • 反省しなければならない。舞城 王太郎というペンネームの、軽薄な印象から、ずっと食わず嫌いだったことを。面白いよ?と薦められたことがあったにも関わらず、今まで読んだことがなかったことを。
    とにかく驚愕!の一言だった。その半端ない疾走感たるや、とても小説という文字表現とは思えない。スターウォーズで小型の宇宙船がビュンビュン飛び交う様を思い起こすほどだった。内容の好き嫌いはともかく、この疾走感だけはたぶん誰にも否定できないだろう。
    そして内容。
    「弱い者たちが夕暮れ、さらに弱い者を叩く、その音が響き渡れば、ブルースは加速していく。見えない自由がほしくて、見えない銃を撃ちまくる。本当の声を聴かせておくれよ。」というブルーハーツの詩そのものだと感じてしまった。僕は、ブルーハーツのパフォーマンスは好きではなかったが、その言葉は好きだった。舞城王太郎のこの本も、その舞台設定は好きではないが、そこで描かれているものには、どうしようもなく惹きつけられた。
    また、本書のタイトルも、装丁も、とても素敵だ。

  • 誰でも持ってる『熊の場所』私はこれを読んでから熊の場所に立ち向かうようにしてます。辛い時必ず『熊の場所』と呟いてますよ。いい話。

  • 16歳の時学校サボって岡町のバーミヤンで
    これ初めて読んだ時の衝撃!はんぱなかった。

    あれから色んな舞城読んだし、他にも表現が新しい作家は出てきて、斬新さは薄れたけどそれでもやっぱり面白い。
    咀嚼すると顎が痛い。
    舞城を初めて読む人にもぜひどうぞ。

    「熊の場所」「バット男」「ピコーン!」3篇。
    表題作は三島由紀夫賞候補作。
    2つめのバット男が一番好き。
    暴力は誰のなかにもあって弱いほうへと伝染していくよ。
    ピコーン!はフェラチオ1000本ノック…せつない。

  • 恐怖のままになるとやだから克服しに戻るよねー!!

    読んでよかったわ。

    小さい頃の自分の頭ん中がリアルによみがえってびびった。

    んでなんつーか軽くカタルシス。

    わたし的に五つ星です。

    持ち心地もよろしく、熊の絵のとこの凹凸とかもなんか、なんかいいっすよ。

  • 初舞城作品。
    どの話も読みやすくて面白かった。
    熊の場所はハラハラしたし、ピコーンは下品なのに切なかったりして、すごいなあと純粋に思った。
    バット男もよかった!

  • 割と分かりやすくて読みやすい話だったです。
    いろいろ考えました。

    ピコーンがとくに好き。

  • 猫かわいそすですね

    熊なのに、、

    バット男が個人的に好きです

  • 人にオススメできないけど大好きな作家
    舞城王太郎。
    独特の疾走感ある文体と
    チラっと紛れ込ませて見えないくらいの
    深い深い愛をからめた物語達
    沢山読んでますがこの本が一番最初の舞城との遭遇だったのだ
    沢山読んでゆくと、同じ名前の人物や、似通った設定などが
    ちりばめられているけども、あくまでパラレル要素。
    それを見つけて楽しむもよし

    個人的に大尊敬してる作家である

  • 講談社のこの本の中には、「熊の場所」「バットマン」「ピコーン!」が収録されている。
    三つを一緒にしたのは大正解だ。最後まで飽きることなくリズム良く読めた。
    この人の書く文章は、大分テンポというかリズムというか語呂というものを重視しているように思えるし、今まで読んできた本の文体とは似つかない。最初は、「うわ、癖があるなぁ。」と、思うだろうが、次第に型にはまらないその文章が痛快になり、仕舞いには中毒性まで感じてしまう。この文体に拒否反応を覚える人もいるだろうが、私は好きになれた。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊の場所のその他の作品

熊の場所 (講談社文庫) Kindle版 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎
熊の場所 (講談社文庫) 文庫 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする